放送番組審議会 2018年11月21日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2018年11月21日(水)

開催月日 2018年11月21日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   鈴木 一雄
副委員長  伊藤 洋一郎
委 員   渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
      上田 憲
      遠藤 亮平
課題番組 テレメンタリー2018『私らしく~~脱毛症 斉藤淳子~』
(静岡朝日テレビ 制作)
放送日 2018年10月22日(月) 26:30~27:00
番組概要 静岡県に住む主婦、斉藤淳子さん(46)は、全身の毛がない汎発型脱毛症。
脱毛症は生死に関わる病気ではないため、研究があまり進んでいないと言われている。
ほとんどの人がカツラを着けて生活しているが、淳子さんは3年前カミングアウトし、講演会などで自分のことを伝える活動をしている。
ありのままの姿で大勢の前に出るには抵抗がある。それでも「自分らしく生きたい」と、少しずつ壁を乗り越えていく姿を9ヶ月間見つめた。
審議内容 委員からは「斉藤さんと同じ病気の人だけでなく、全ての人に向けられた番組」「対象者との信頼関係が築けたからこそ撮影できたシーンがあり、制作者の努力を感じた」「テーマは重いが見ている人に希望を与える番組だった」「これまで自分の中で逃げていたテーマだったが、この番組を見てしっかりと向き合うことができた」などの評価をいただいた。
一方で「斉藤さん自身の生き方を模索する姿を伝えたかったのか、彼女のケースを通して同じ悩みを抱える人たちの現状を伝えたかったのか、それとも社会全体の意識改革を訴えたかったのか、番組を通して何を一番伝えたかったのか焦点が絞れていなかった」「放送時間が遅く、視聴困難。多くの人に見てもらえるよう放送時間を考えるべき」「同じような悩みを抱えて見ている人たちのために相談窓口などの情報も出したほうがよかったのでは」などの意見や提言をいただいた。
次回日程 2019年1月18日(金)
課題番組
静岡朝日テレビ開局40周年記念番組
『池上彰と学ぶ なるほど!富士山7つの秘密』
(静岡朝日テレビ制作)
放送日 2019年1月6日(日) 13:55~15:20

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2018年4月~2018年9月第3週合計放送分数(分)
報道 12,834
教育 6,877
教養 12,400
娯楽 21,068
その他 通信販売 5,213
その他 789
対象期間の放送時間全体 59,181

CM放送時間量

CM放送時間量
対象期間におけるCMの放送時間
(上記放送時間全体に含まれる)
9,935分

対象期間
2018年4月16日(月)~ 22日(日)
2018年5月21日(月)~ 27日(日)
2018年6月18日(月)~ 24日(日)
2018年7月16日(月)~ 22日(日)
2018年8月20日(月)~ 26日(日)
2018年9月17日(月)~ 23日(日)

ページトップへ