放送番組審議会 2016年10月12日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2016年10月12日(水)

開催月日 2016年10月12日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   鈴木 一雄
副委員長  伊藤 洋一郎
委員    渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
      上田 憲
      遠藤 亮平
議題番組 「サタハピしずおか」
(静岡朝日テレビ 制作)
2016年10月1日(土)9:30~10:25 放送
番組概要 旅やグルメ、旬の味覚からエンタメ&カルチャー、週末のお天気情報まで・・・土曜の朝をハッピーにするエンターテインメント番組。2年目を迎えた今年4月より司会者を局アナウンサーに変え、番組内容もリニューアルした。
今回は清水区出身のアンタッチャブル柴田英嗣さんをゲストMCにお迎えし、特集コーナーでは島田市を取り上げた。人気コーナー「亮のシズオカレンダー」は「麻機編」。ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんがレンコン掘りに体当たりで挑戦した。また、週末開催された「フジソニック・マグロック」会場からの中継も実施した。
審議内容 委員からは、「番組スタート時とは趣の違う番組。同時間帯、他局ではキー局制作の人気番組が放送されているが、それに負けない洗練された番組となっている」「取り上げた題材もよく、地域の良さを再発見できた」「田村亮さんのリポートは自然で、温かい雰囲気は企画内容に合っている」などの評価をいただいた。
一方で、「情報量が多すぎてひとつひとつの内容が残らない」「VTRを流しているときのスタジオの会話の音が大きく、VTRが聞きにくいこともあった」「リポーターの語彙も乏しく、取材も浅い。もう一歩踏み込んだ取材が必要なのでは」といった指摘や意見をいただいた。
次回日程 2016年11月16日(水)
課題番組 
「新たな地酒ブームに乗れ! 吟醸王国 静岡のチカラ 壱」
  2016年10月23日(日)15:55~16:25 放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2016年4月~2016年9月第3週合計放送分数(分)
報道 11,736
教育 7,461
教養 12,134
娯楽 21,648
その他 通信販売 5,850
その他 796
総放送時間 59,625

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 10,016分45秒

対象期間
2016年4月18日(月)~4月24日(日)
2016年5月16日(月)~5月22日(日)
2016年6月20日(月)~6月26日(日)
2016年7月18日(月)~7月24日(日)
2016年8月15日(月)~8月21日(日)
2016年9月19日(月)~9月25日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ