放送番組審議会 2014年5月21日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2014年5月21日(水)

開催月日 2014年5月21日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表  信吾
委 員   伊藤 洋一郎
      髙木 美恵子
      渡邉 聡
      今川 教子 
          (9名中6名出席) 
課題番組 テレメンタリー2014
「第五福龍丸被ばくから60年~還れない島~」
(静岡朝日テレビ制作)
2014年3月31日(月)26:25~14:55
番組概要 テレビ朝日系列局制作によるドキュメンタリー番組。
1954年3月1日、太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁でアメリカによる水爆実験が行われた。近くにいた日本のマグロ漁船「第五福龍丸」が被ばくしてから60年。元乗組員の大石又七さん(80)は不自由な体に鞭打ち、マーシャルへと旅立った。そこには、自分と同じ死の灰を浴びたロンゲラップの人たちがいた。60年たった今も放射能の影響を恐れ、故郷へ戻れないでいる。そのロンゲラップの今を描いた。
審議内容 委員から、「島民の故郷への強い思いが心に残った」「核問題についてこれからどうすべきか現代への問いかけになっていた」「得られたデータをたんたんと組み立て、視聴者に考えてもらういい作りになっていた」などの評価をいただいた。
一方で、「30分番組としては懲りすぎていて無理があった」「意欲的な作品だが、構成がわかりにくかった」「本当はもっと言いたいことがあったがそこまで行き着かなかったのではないか、壮大な予告編のようだった」といった指摘があった。
次回日程 2014年6月11日(水)
課題番組
「ふるさとバンザイ!!」
(静岡朝日テレビ・BS朝日 共同制作)
2014年4月26日(土)13:00~13:55放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2013年10月~2014年3月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,309
教育 6,596
教養 11,926
娯楽 22,846
その他 通信販売 5,430
その他 783
総放送時間 58,890

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 10,037分45秒

対象期間
2013年10月21日(月)~10月27日(日)
2013年11月18日(月)~11月24日(日)
2013年12月16日(月)~12月22日(日)
2014年 1月20日(月)~ 1月26日(日)
2014年 2月17日(月)~ 2月23日(日)
2014年 3月17日(月)~ 3月23日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ