放送番組審議会 2012年5月9日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2012年5月9日(水)

開催月日 2012年5月9日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 副委員長   杉田 豊
委 員     鍋倉 伸子
         髙木 美恵子
         表  信吾
         古知 弘行
         伊藤 洋一郎
         (9名中6名出席)
課題番組 「Daiwa House Presents
芸と素顔に密着!片岡仁左衛門の魅力
             ~いまをみつめて~」
                      (静岡朝日テレビ制作)
2012年3月25日(日)16:00~17:25放送



番組概要  歌舞伎役者・片岡仁左衛門に1年弱に渡り、密着したドキュメンタリー番組です。あさひテレビが制作・放送する歌舞伎特番の第3弾となり、BS朝日でも同日のプライムタイム(21:00~22:25)で放送されました。芸に対しての想いはもちろんのことプライベートにも触れ、役者としてだけではなく人間・片岡仁左衛門の魅力に迫りました。番組では、歌舞伎役者として不遇な時代や大病を患った過去から、歌舞伎界の第一人者としての今、そして息子・孫への芸の伝承の様子を追っています。
審議内容  委員から、「歌舞伎という伝統芸能の舞台の表と裏の世界、片岡仁左衛門の魅力を余すところなく描いた充実の作品である。」「芝居の見せ方がうまい。番組の構成が良い。」「若いころ仕事が無かった自分への戒めとして100円で買った水入れを40年間も使い続けているという話の着眼点が良かった。」「長時間かけて密着取材した結果、仁左衛門の人生観を引き出すことができた。夫婦の絆も良く表現されていた。」という意見が出された。
 その一方で、「男性のナレーションが重い。」「上方歌舞伎の説明を詳しくして欲しかった。」「もっと幅広い世代の人に見てもらう努力と工夫が必要ではないか。」などの指摘をいただいた。

次回日程 2012年6月13日(水)
      課題番組:「とびっきり!しずおか
                おかげさまで3000回スペシャル」
                            (静岡朝日テレビ制作)
      2012年4月19日(木)15:50~17:54放送



放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2011年10月~2012年3月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,864
教育 6,126
教養 12,117
娯楽 22,027
その他 通信販売 6,147
その他 621
総放送時間 58,902

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9983分00秒

対象期間
 2011年10月17日(月)~10月23日(日)
 2011年11月21日(月)~11月27日(日)
 2011年12月19日(月)~12月25日(日)
 2012年1月16日(月)~1月22日(日)
 2012年2月20日(月)~2月26日(日)
 2012年3月19日(月)~3月25日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ