放送番組審議会 2013年10月09日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2013年11月20日(水)

開催月日 2013年11月20日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表 信吾
委 員   伊藤 洋一郎
      髙木 美恵子
      鈴木 一雄
      渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      (全員出席)   
   
課題番組 「スポーツパラダイス」
          (静岡朝日テレビ制作)
2013年11月1日(金) 23:10~23:45 放送
番組概要  清水エスパルス、ジュビロ磐田の地元Jリーグ2チームを中心に、地元のスポーツ情報満載の番組。今回は、前週に行われた両チームによる静岡ダービーの結果を詳しく伝えた。特集は、番組コメンテーター・澤登正朗さんと、報道ステーションのスポーツコメンテーターを共に務める、プロ野球解説者・工藤公康さんの対談だった。これまでも、澤登さんとスポーツ界の著名人との対談は実現しており、報道ステーションのコメンテーターならではの企画。「勝てるチームを作るには」「高校生の才能の見分け方」などを熱く語った。その他、番組の女子フットサルチーム「DFUTウイングス」などの話題を取り上げた。                              【コメンテーター】澤登正朗 【司会】森直美(静岡朝日テレビアナウンサー)      
審議内容  委員から、「この番は、地域に根ざしたスポーツ振興の役割を担っていると言える」「静岡ダービーについては、結果だけではなく試合の流れをわかりやすく見せる工夫が感じられた」「澤登×工藤の対談は、非常に見応えがあった。特に“基本が大切”という言葉は説得力があった」などという評価をいただいた。
 その一方で、「対談はインタビュー的だったので、司会役がいたら良かったのではないか」 「スポパラMVPというのが、やや説明不足」「女子のDフットの紹介が長すぎる」などの指摘があった。

                                                    
次回日程 2014年1月17日(金)
課題番組
テレメンタリー2013                                               「宮城まり子の遺言~絵が語る“ねむの木学園”46年の愛~」(仮題)                             
                       (静岡朝日テレビ制作)
2013年12月2日(月) 26:25~26:55 放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2013年4月~2013年9月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,522
教育 6,355
教養 11,798
娯楽 22,702
その他 通信販売 5,605
その他 720
総放送時間 58,702

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,690分00秒

対象期間
 2013年 4月15日(月)~ 4月21日(日)
 2013年 5月20日(月)~ 5月26日(日)
 2013年 6月17日(月)~ 6月23日(日)
 2013年 7月15日(月)~ 7月21日(日)
 2013年 8月19日(月)~ 8月25日(日)
 2013年 9月16日(月)~ 9月22日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ