放送番組審議会 2017年11月8日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2017年11月8日(水)

開催月日 2017年11月8日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   鈴木 一雄
副委員長  伊藤 洋一郎
委 員   渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
      上田 憲
      遠藤 亮平
課題番組 「ピエール瀧のしょんないTV」
放送日 2017年10月12日(木)24:35~25:05
(静岡朝日テレビ 制作)
番組概要 ”しょんないことに真実がある!”を合言葉に、日常のくだらないことの中に人生の真理を見つけていく、「ピエール瀧のしょんないTV」。(※しょんないとは、「くだらない」・「取るに足らない」をハショッタ 静岡弁のことを指す)
今回の企画は、いくつになっても、誰にとっても、”一度はやってみたい初体験”があるだろうということで、人生経験豊富なご長寿のみなさんの”はじめて”をしょんないTVが次々と叶えていく。
はじめてのバーチャルリアリティ体験に、はじめての仮装…さらには、はじめての結婚式まで!笑いだけじゃない、涙あり感動ありの”初体験”をお届けする。
審議内容 委員からは「いつものテイストとは違っていたが、出演した方々の笑顔が印象的で、今回も楽しく視聴することができた」「何でもないところに人生のささやかな楽しみがあるということを伝えている番組」「ピエール瀧さんは人の気持ちを傷つけずに相手をうまく乗せてくれる。また広瀬アナとの息もピッタリで、これも番組のよさのひとつとなっている」といった評価をいただいた。
一方で、「出演者は若々しくとても元気な方々。“ご長寿”という言い方に違和感があった」「非日常を体験させるのがテレビの役割。本来は視聴者を楽しませるべきなのに、出演した人が感動するといった内容だった。テレビに映す意味があるのか」「今回の体験は意外性がなく、面白みに欠けていた」などの意見もいただいた。
次回日程 2018年1月19日(金)
課題番組
静岡朝日テレビ開局40周年記念 
高麗屋三代襲名スペシャル
「八代目市川染五郎 密着3650日 ~12歳・若武者が生まれるとき~」
(静岡朝日テレビ 制作)
放送日 2018年1月7日(日)13:55~15:20

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2017年4月~2017年9月第3週合計放送分数(分)
報道 11,661
教育 6,949
教養 12,007
娯楽 22,699
その他 通信販売 5,455
その他 758
総放送時間 59,529

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,844分15秒

対象期間
2017年4月17日(月)~4月23日(日)
2017年5月15日(月)~5月21日(日)
2017年6月12日(月)~6月18日(日)
2017年7月17日(月)~7月23日(日)
2017年8月14日(月)~8月20日(日)
2017年9月18日(月)~9月24日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ