放送番組審議会 2011年2月9日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会議事のあらまし

2011年02月09日(水)

開催月日 2011年2月9日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 【委員長】
岡本 肇
【副委員長】
杉田 豊
【委員】
髙木 美恵子
表 信吾
諏訪 求
古知 弘行
伊藤 洋一郎
(9名中7名出席)
課題番組 「DaiwaHousePresents
二代目の肖像 中村吉右衛門の世界~芸の極みを求めて~」
静岡朝日テレビ制作
2011年1月16日(日)15:30~16:55放送
番組概要  歌舞伎役者・二代目中村吉右衛門は、陰影に富む演技、深みのあるセリフのうまさなどで大きな存在感を示している。また、かつてのテレビドラマ「鬼平犯科帳」では長谷川平蔵役を演じ、今も多くの人々を魅了している。
 番組では、吉右衛門の宿命的生い立ちから二代目襲名の重責、歌舞伎の演技とドラマの「鬼平」、そして吉右衛門の歌舞伎界への想いを描く。さらに初代ゆかりの浅草を訪ねるほか、趣味の絵画で日本人の心「富士山」を描く姿などを通じて、歌舞伎とともに生きる中村吉右衛門の真の姿に迫る。
審議内容  委員からは「感動的で、素晴らしい作品に仕上がっていた」「初代との対比映像が興味深かった」「ナレーションや出演者の談話では印象的な言葉を丁寧に拾っており、それぞれの表現にクオリティの高さを感じた」「心に残る映像が随所にあり、いつまでも忘れないだろう」「壱岐島の子どもたちとの交流が好ましく伝わってきた」――という評価を頂いた。
その一方で、「番組全体で視聴者を吉右衛門礼讃に導くような意図が感じられた。もっと吉右衛門の人間臭い部分も描いてほしかった」「85分は長かった。特に後半、一本調子で歌舞伎の演目が続くが、歌舞伎に興味のない視聴者には冗長感があった」「伝えたいことが多過ぎて、様々な話題を詰め込み過ぎていた」「男性ナレーターのトーンが重すぎた」「番組タイトルが長過ぎ、番組ガイドに収まりきれないと視聴機会を損なうのではないか」――といった指摘や提言を頂いた。
次回日程 2011年3月9日(水)
課題番組:TeamEarth「浅井慎平の環境紀行 伊豆 生命の森」

ページの先頭へ

ページの先頭へ