放送番組審議会 2018年2月15日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2018年2月15日(木)

開催月日 2018年2月15日(木)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   鈴木 一雄
副委員長  伊藤 洋一郎
委 員   渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
      上田 憲
      遠藤 亮平
課題番組 「とびっきり!しずおか 第1部」
(静岡朝日テレビ 制作)
放送日 2018年2月5日(月)・6日(火)16:45~17:53
番組概要 静岡の旬の生活情報をお届けする夕方情報ワイド。静岡市出身の大沼啓延をメインキャスターに、今知っておきたい県内の出来事や生活に役立つ情報&話題を総力取材。スピーディに、深く、どこよりもパワフルにお伝えする。
【月曜のコーナー】
  情報局 「浜松市 ごみ処理場が故障」
  得するマネー講座 「賢いお金はどっち?」
  流行りの○○ 「パン特集」
  とびっきり食堂(ちょっと出し)
【火曜のコーナー】
  情報局 「浜名湖バラバラ殺人事件裁判 求刑」
  深堀り!パネルゼミ 「仮想通貨を徹底解説!」
  なんでもランキング 「ユニークな富士山グッズ ベスト5」
  とびっきり食堂(ちょっと出し)
審議内容 委員からは「様々なテーマを取り上げ、視聴者にうまく情報提供している。以前より興味深くなった」「浜松のゴミ問題では、市の広報の一助の役割も果たしていた。浜松市以外の視聴者に対しても啓発の効果があり、地方局の情報番組として意義のある内容」「番宣のコーナーは通常の番宣と違い、裏側を見せるなど面白かった」などの評価をいただいた。
一方で、「ゴミ問題では現状を伝えるだけでなく、市への苦言を呈するなど報道機関として強いメッセージがあってもいいのでは」「仮想通貨では肝心なところの説明が不十分で視聴者に内容が伝わらないまま終わってしまった」などの意見をいただいた。
また課題番組の選定について「とびっきり!しずおか第1部を2日分審議するのではなく、1部から2部までの全体で審議すべきだったのではないか」といった指摘もあった。
次回日程 2018年3月16日(金)
課題番組 
「いまだ死刑囚~袴田事件 再審のゆくえ~」
(静岡朝日テレビ 制作)
放送 2018年2月11日(日)24:40~25:40

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2017年4月~2017年9月第3週合計放送分数(分)
報道 11,661
教育 6,949
教養 12,007
娯楽 22,699
その他 通信販売 5,455
その他 758
総放送時間 59,529

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,844分15秒

対象期間
2017年4月17日(月)~4月23日(日)
2017年5月15日(月)~5月21日(日)
2017年6月12日(月)~6月18日(日)
2017年7月17日(月)~7月23日(日)
2017年8月14日(月)~8月20日(日)
2017年9月18日(月)~9月24日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ