放送番組審議会 2014年02月12日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2014年2月12日(水)

開催月日 2014年2月12日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表  信吾
委 員   伊藤 洋一郎
      髙木 美恵子
      鈴木 一雄
      渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵 
          (全員出席) 
課題番組 「にほん風景物語 川端康成が愛した伊豆~“伊豆の踊子”青春の天城路~」
(静岡朝日テレビ・BS朝日共同制作)
2014年1月26日(日)12:00~12:55 放送
番組概要  「にほん風景物語」は、BS朝日がテレビ朝日系列各局と共同制作している旅番組で2013年9月まで放送していた「にほん風景遺産」をリニューアルし、1編の小説、1本の映画1曲の歌をきっかけに、全国各地の名作の舞台を案内人となる3人の作家がさまざまな思いに身をはせる番組。
 今回は、案内人であり「伊豆の踊子」の作者・川端康成に強い思いを抱く作家・山本一力が、川端文学の出発点ともいえる「伊豆の踊子」の美しい風景を求め、中伊豆~下田を旅した。日本情緒あふれる美を追求し、日本人初のノーベル文学賞作家となった川端康成の美意識の原点を伊豆の原風景を見つける旅となっている。 
審議内容  委員から、「現役の作家が小説の舞台を旅するという形がとても良く、大人向けの紀行番組に仕上がった」「詩情あふれる日本の原風景が見事な映像美として表現されている」「案内人の旅、物語の中の旅、川端康成自身の旅を追体験しているような気になって、心地良かった」などという評価をいただいた。
 その一方で、「番組のテンションとテンポが一本調子」「物語の内容をもう少し説明して欲しかた」「終盤の下田節のシーンが冗長」などの指摘があった。
次回日程 2014年3月12日(水)
課題番組
「とびっきり!しずおか 第2部(県内ニュース部分)」
(静岡朝日テレビ制作)
2014年2月14日(金)及び17日(月)~20日(木)18:15~18:40 放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2013年4月~2013年9月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,522
教育 6,355
教養 11,798
娯楽 22,702
その他 通信販売 5,605
その他 720
総放送時間 58,702

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,690分00秒

対象期間
 2013年 4月15日(月)~ 4月21日(日)
 2013年 5月20日(月)~ 5月26日(日)
 2013年 6月17日(月)~ 6月23日(日)
 2013年 7月15日(月)~ 7月21日(日)
 2013年 8月19日(月)~ 8月25日(日)
 2013年 9月16日(月)~ 9月22日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ