放送番組審議会 2015年5月13日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2015年5月13日(水)

開催月日 2015年5月13日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表  信吾
委 員   伊藤 洋一郎
      鈴木 一雄
      渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
(9名中9名出席)
課題番組 「筧 利夫のサタ☆ハピ!しずおか」
(静岡朝日テレビ制作)
2015年4月18日(土)9:30~10:25 放送          

番組概要 旅やグルメ、旬の味覚からエンタメ&カルチャー、週末のお天気情報まで・・・『週末情報の遊園地 土曜日の朝をハッピーに』をコンセプトに、2015年4月にスタートした情報エンターテインメント番組。司会は浜松市出身の俳優 筧利夫。
今回の特集は「回転寿司業界」をウォッチ。各店舗独自のサービスを取り上げた。また中継コーナー「中継くん」では『BiVi沼津』から県内初上陸となった体感型シアター「4DX」を臨場感たっぷりに紹介した。
審議内容 委員からは「テーマ曲は番組に合った選曲で土曜の朝の楽しさが表れている」「回転寿司業界の特集は、県内企業の努力が伝わり、興味深く見ることができた」などの評価をいただいた。
一方で「新しい番組作りに挑戦しようという意欲は感じられたが、出演者のテンションが高く、制作者や出演者の思いが空回りしていた」「司会者の口調が荒く、番組全体も落ち着きがない」「どの年代が番組のターゲットなのかまだはっきりしていない」「エンタメのコーナーはただランキングを伝えるのではなく、番組独自の視点で本や曲などを紹介してほしい」「視聴者の支持を獲得するためには工夫を重ねながら長期戦で臨む必要がある」などの意見や指摘があった。
次回日程 2015年6月10日(水)

課題番組  「山あいの小さな小さな小学校 ~浜松・熊切小 最後の1年~」
(静岡朝日テレビ制作)
2015年5月5日(火・祝)9:55~10:50 放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2014年10月~2015年3月第3週合計放送分数(分)
報道 12,659
教育 6,471
教養 12,065
娯楽 21,256
その他 通信販売 5,570
その他 863
総放送時間 58,884

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 10,055分00秒

対象期間
2014年10月20日(月)~10月26日(日)
2014年11月17日(月)~11月23日(日)
2014年12月15日(月)~12月21日(日)
2015年1月19日(月)~1月25日(日)
2015年2月16日(月)~2月22日(日)
2015年3月16日(月)~3月22日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ