放送番組審議会 2013年1月17日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2014年1月17日(金)

開催月日 2014年1月17日(金)
開催場所 ホテルアソシア静岡
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表 信吾
委 員   伊藤 洋一郎
      髙木 美恵子
      鈴木 一雄
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
        (9名中8名出席)   
   
課題番組 テレメンタリー2013
「宮城まり子の遺言~絵が語る“ねむの木学園”45年の愛~」
        (静岡朝日テレビ制作)
2013年12月2日(月)26:25~26:55 放送  
番組概要 テレビ朝日系列局制作によるドキュメンタリー番組。静岡朝日テレビは、昨年度2本制作の実績があり、今回は今年度1本目の作品。
 女優・宮城まり子86歳。「私には…時間がないの」。1968年、日本初の肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」を設立し、体当たりで向き合い、愛を注ぎ、その生涯をかけてきた。45年の月日が過ぎた今、自分を「おかあさん」と呼ぶ「子ども」たちに何を遺せるのか。大人になった「子ども」たちは、宮城の想いをどう受け止めているのか。
 子どもたちの描いた〝美しい絵〟から「現代が失ってしまった何か」を見つめる。          ナレーション…橋本ありす(静岡朝日テレビアナウンサー)
審議内容  委員から、「宮城まり子さんの情熱や、彼女のかわいらしい所がうまく表現されていた」「子どもたちが描いた絵のすばらしさに感動した」「時間をかけて集めた映像の紡ぎ方がすばらしい」「番組としての強い主張がない事が、むしろ淡々として心に響く」などという評価をいただいた。 
 その一方で、「宮城さんが、なぜ、ここまで熱心にできるのかが語られていない」「子どもたちは、すばらしい絵の才能があるのに自立する道はなかったのか疑問が残った」「冒頭に絵の展示会があって、タイトルに沿っていたのに、ラストシーンがコーラスの場面というのは番組の締めとして違和感があった」などの指摘があった。                                        
次回日程 2014年2月12日(水)
課題番組
「にほん風景物語 
         川端康成が愛した伊豆~“伊豆の踊子”青春の天城路~」
           (静岡朝日テレビ・BS朝日共同制作)
2014年1月26日(日)12:00~12:55放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2013年4月~2013年9月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,522
教育 6,355
教養 11,798
娯楽 22,702
その他 通信販売 5,605
その他 720
総放送時間 58,702

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,690分00秒

対象期間
 2013年 4月15日(月)~ 4月21日(日)
 2013年 5月20日(月)~ 5月26日(日)
 2013年 6月17日(月)~ 6月23日(日)
 2013年 7月15日(月)~ 7月21日(日)
 2013年 8月19日(月)~ 8月25日(日)
 2013年 9月16日(月)~ 9月22日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ