放送番組審議会 2014年4月9日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2014年4月9日(水)

開催月日 2014年4月9日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表  信吾
委 員   伊藤 洋一郎
      髙木 美恵子
      鈴木 一雄
      渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵 
          (全員出席) 
課題番組 「ハライチvsロッチの富士山×知床 アッぱれ遺産
~勝手に認定!世界遺産のスゴいとこ見つけちゃうぞSP~」
(静岡朝日テレビ・北海道テレビ共同制作)
2014年3月21日(金)13:55~14:50 放送
番組概要 系列局であるHTB(北海道テレビ)との共同制作番組。
昨年6月、世界文化遺産に登録された「富士山」。2005年に世界自然遺産に登録された「知床」。日本を代表する2つの世界遺産の周辺には、旅で訪れてみたい魅力的なスポットが多数存在する。
今回は、人気コンビ“ハライチ”が「富士山」、“ロッチ”が「知床」をめぐり、もうひとつの世界遺産=旅に欠かせない“絶景”・“グルメ”・“温泉”等を発掘、世界に誇れる周辺スポットを番組独自の『アッぱれ遺産』として勝手に認定した。
富士山周辺で訪れたのは、富士宮や静岡市の日本平動物園、三島のうなぎ屋や温泉など。    
審議内容 委員から、「どのような視聴者を想定したのかわからない」「芸人が騒々しく、何を言っているのかわからない」「芸人が素人の出演者に対して失礼な態度だった」「アッぱれ遺産の意味がわからない」「場面転換が激しく、めまぐるしい印象」「ぼんやり見るには楽しかったが、この番組で世界遺産の知床・富士山が低い評価になってしまったら残念」「楽しく番組を作るのと、楽しい番組を作るのは違う」「番組のコンセプトが曖昧、焦点がぼやけている」「世界遺産の美しい風景をゆっくり見たかった」などの指摘があった。
次回日程 2014年5月21日(水)
課題番組
テレメンタリー2014
「第五福龍丸被ばく60年~還れない島~」
(静岡朝日テレビ制作)
2014年3月31日(月)26:25~14:55

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2013年10月~2014年3月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,309
教育 6,596
教養 11,926
娯楽 22,846
その他 通信販売 5,430
その他 783
総放送時間 58,890

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 10,037分45秒

対象期間
2013年10月21日(月)~10月27日(日)
2013年11月18日(月)~11月24日(日)
2013年12月16日(月)~12月22日(日)
2014年 1月20日(月)~ 1月26日(日)
2014年 2月17日(月)~ 2月23日(日)
2014年 3月17日(月)~ 3月23日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ