放送番組審議会 2015年7月8日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2015年7月8日(水)

開催月日 2015年7月8日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  鈴木 一雄
委 員   伊藤 洋一郎
渡邉 聡
今井 学
今川 教子
松下 光恵
倉田 明紀
上田 憲
課題番組 「夏の主役2015~王者・静高、そして挑む者たち~」
(静岡朝日テレビ制作)
2015年6月27日(土)10:55~11:25 放送

番組概要 いよいよ始まる、夏の高校野球。
春のセンバツで50年ぶりにベスト8進出という快挙を成し遂げ、連覇を狙う王者・静岡高校。そして、「打倒!静高」に燃える球児たち。去年夏に148キロを出した日大三島のエース・小澤、春の県大会で静高から6連続三振を奪った藤枝明誠・久保山、春の県大会決勝で敗れた東海大翔洋…ライバルたちも夢舞台を虎視眈々と狙っている。
番組では高校野球開幕を前に、この夏の主役たちの姿を追った。
審議内容 委員からは「取り上げた選手の成長をよく捉えていた」「夏の大会直前、抽選会当日の放送でタイムリーな番組編成だった」「スポーツの本質を伝えており、大会への期待感が膨らんだ」などの評価をいただいた。
一方で「特定の学校を中心にした構成に違和感を覚えた」「もっと引いた視点から大会の展望や各校の戦力分析などを伝えたほうがいいのでは」などの意見や指摘があった。
また、高校野球放送全般については、「あさひテレビの重要なコンテンツである」「試合経過や結果をタイムリーに伝えてほしい」「高校生の部活スポーツの中で野球だけを大きく取り上げる必要があるのか、特定の選手を取り上げる必要があるのか疑問」「SNSをうまく活用してみたらどうか」など、様々な意見をいただいた。
次回日程 2015年9月9日(水)
議題 「地域のためにテレビができること ~信頼される局であるために~」

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2014年10月~2015年3月第3週合計放送分数(分)
報道 12,659
教育 6,471
教養 12,065
娯楽 21,256
その他 通信販売 5,570
その他 863
総放送時間 58,884

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 10,055分00秒

対象期間
2014年10月20日(月)~10月26日(日)
2014年11月17日(月)~11月23日(日)
2014年12月15日(月)~12月21日(日)
2015年1月19日(月)~1月25日(日)
2015年2月16日(月)~2月22日(日)
2015年3月16日(月)~3月22日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ