放送番組審議会 2016年2月10日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2016年2月10日(水)

開催月日 2016年2月10日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  鈴木 一雄
委 員   伊藤 洋一郎
      渡邉 聡
      今井 学
      今川 教子
      松下 光恵
      倉田 明紀
      上田 憲
課題番組 「三遠南信紀行 賢さん松ちゃんが行く! ナゾ解き街道珍道中」
(長野朝日放送・名古屋テレビ放送・静岡朝日テレビ 共同制作)
放送日 2016年1月11日(月・祝)9:55~10:50
番組概要 「三遠南信地域」と呼ばれる愛知県東部の「東三河」、静岡県西部の「遠州」、長野県南部の「南信州」。東海道・秋葉街道・三州街道など主要な街道が通るこの地域では古くから盛んに交易が行われ、方言や食文化、民俗芸能などのつながりが今も色濃く残っている。そんな三遠南信地域を舞台に、俳優の中本賢さんと長野朝日放送の松坂アナウンサーが、古い写真に隠された様々な謎をそれぞれの地域の魅力に触れながら解き明かしていく。人気の観光名所やとっておきグルメも登場し、地域の魅力を再発見できる旅バラエティ。
審議内容 委員からは「古い写真をもとに地域の風習をたどるという手法は、よく見る旅・グルメ番組と違ってよかった」「地元の人が知らないようなことも取材してあり、地域の歴史や文化を学ぶことができた」「出演者の庶民的な感じがよく、中本賢さんは相手を敬いながら話を聞き出し、コメントもよかった」「三遠南信自動車道と繋がる新東名が豊田まで伸びるという時期の放送はタイムリーでよい」などの評価をいただいた。
一方で「おもしろかったが、全体的に地味な印象で自発的に見たい番組ではない」「興味深い内容ではあったが、学校の授業のビデオを見ているようだった」「タイトルは『ナゾ解き』だが、ナゾ解き要素が少なかった」などの意見や指摘があった。
また、静岡朝日テレビ放送番組基準の一部改正について諮問され、審議の結果『妥当である』との答申があった。
次回日程 2016年3月9日(水)
課題番組
「テレビエッセー おやじの背中~野村万作・萬斎・裕基 父子3代物語~」
(静岡朝日テレビ制作)
放送日 2016年1月30日(土)16:30~17: 25

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2015年4月~2015年9月第3週合計放送分数(分)
報道 12,792
教育 6,955
教養 12,098
娯楽 21,264
その他 通信販売 5,536
その他 785
総放送時間 59,430

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,832分30秒

対象期間
2015年4月20日(月)~4月26日(日)
2015年5月18日(月)~5月24日(日)
2015年6月15日(月)~6月21日(日)
2015年7月20日(月)~7月26日(日)
2015年8月17日(月)~8月23日(日)
2015年9月21日(月)~9月27日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ