放送番組審議会 2012年4月11日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2012年4月11日(水)

開催月日 2012年4月11日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長    岡本 肇
副委員長   杉田 豊
委 員     鍋倉 伸子
         髙木 美恵子
         表  信吾
         古知 弘行
         伊藤 洋一郎
         (9名中7名出席)
課題番組 テレメンタリー2012
「犬と病院と子どもたち~ベイリーからの贈り物~」
(静岡朝日テレビ制作)
2012年2月27日(月)25:55~26:25放送


番組概要 静岡県立こども病院には「ベイリー」(4歳・オス)というゴールデンレトリバーがいます。ベイリーは毎日病院に通い、重い病気と闘う子どもたちの治療を手助けする「セラピードッグ」です。ベイリーと接することで、子どもたちにはさまざまな変化が見られます。検査や手術を嫌がっていた子どもも、感情を全く出さなかった子どもも徐々に変わっていきました。犬と子どもが一緒に治療を進める新しい医療現場。番組では、そこで成長していく子どもたちの姿を見つめています。
審議内容  委員から、「重病の子どもとその家族、病院との信頼関係があったから取材ができたと思う。その心意気を評価したい。」「犬のベイリーが子どもの辛い検査のあと添い寝をしたり、手をなめたりしている場面では、とても重要な役目を担っていることが伝わった。」「セラピードッグの意義を啓発することができた。」という意見が出された。
 その一方で、「子どもと犬の心のふれあいをもう少し深く描いて欲しかっ た。」「犬のストレスはかなりなものと感じた。そのあたりをハンドラー(調教師)の視点からコメントして欲しかった。」「今後の日本の病院において、セラピードッグがどういう方向にあるのか、そしてハンドラーたちの情熱を表現して欲しかった」などの指摘をいただいた。
次回日程 2012年5月9日(水)
      課題番組:「Daiwa House Presents
            芸と素顔に密着!片岡仁左衛門の魅力
                         ~いまをみつめて~」
                         (静岡朝日テレビ制作)
       2012年3月25日(日)16:00~17:25放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2011年10月~2012年3月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,864
教育 6,126
教養 12,117
娯楽 22,027
その他 通信販売 6,147
その他 621
総放送時間 58,902

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9983分00秒

対象期間
 2011年10月17日(月)~10月23日(日)
 2011年11月21日(月)~11月27日(日)
 2011年12月19日(月)~12月25日(日)
 2012年1月16日(月)~1月22日(日)
 2012年2月20日(月)~2月26日(日)
 2012年3月19日(月)~3月25日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ