放送番組審議会 2012年11月14日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2012年11月14日(水)

開催月日 2012年11月14日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   杉田 豊
副委員長  表  信吾
委 員    髙木 美恵子
        伊藤 洋一郎
        鍋倉 伸子
        渡邉 聡 
        鈴木 一雄
        (9名中7名出席)

課題番組 Team Earth
「浅井慎平の環境紀行~富士山いのちの水~」
(静岡朝日テレビ制作)
2012年10月6日(月)16:00 ~16:55 放送 
   


番組概要  あさひテレビが取り組む環境プロジェクト「地球を守ろう!プロジェクト Team Earth」の特別番組。今回は、来年6月の世界文化遺産登録を目指す「富士山」の地下水の恵みに目を向け、山麓を潤す様々な湧水群を舞台に“残したい静岡の自然”について考える。1日に約100万トンもの地下水が湧き出し“東洋一の湧水”ともいわれる柿田川や、富士宮市の猪之頭湧水群を水源に持つ一級河川・芝川、古くから豊富な湧き水に恵まれ、水の都として広く知られてきた旧東海道の宿場町・三島などを訪ねる。
審議内容  委員から、「映像がとても美しく詩情豊かで、自然の恵みのありがたさを痛快した」「トンボを見つめる浅井慎平さんの表情や、場面ごとのコメントが非常に良かった」「自然を守ろうとする人々の活動と、生活の中で水を大切にしている土地の方々の思いが伝わった」などという意見が出された。
その一方で、「川を浄化していった活動などはもっと掘り下げてほしかった」「Team Earthという環境保護キャンペーンの一環としての番組ならば、美しい自然を映すにとどまらず、この先どうやって守っていくのかというメッセージが必要ではないか」などの指摘をいただいた。
次回日程 2013年1月17日(木)
課題番組:テレメンタリー2012
「肉声~封印46年 袴田事件と供述テープ~」
(静岡朝日テレビ制作)
2012年10月22日(月)25:50 ~26:20 放送 

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2012年4月~2012年9月 第3週合計放送分数(分)
報道 11,153
教育 6,421
教養 12,062
娯楽 22,486
その他 通信販売 6,400
その他 766
総放送時間 59,288

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 9,511分30秒

対象期間
 2012年4月16日(月)~4月22日(日)
 2012年5月21日(月)~5月27日(日)
 2012年6月18日(月)~6月24日(日)
 2012年7月16日(月)~7月22日(日)
 2012年8月20日(月)~8月26日(日)
 2012年9月17日(月)~9月23日(日)

ページの先頭へ

ページの先頭へ