放送番組審­議会 2011年10月12日|静岡­朝日テレビ­

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2011年10月12日

開催月日 2011年10月12日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 【委員長】
岡本 肇

【副委員長】
杉田 豊

【委 員】
鍋倉 伸子
西田 公昭
髙木 美恵子
表  信吾
古知 弘行
諏訪 求
伊藤 洋一郎
(9名全員出席) 
課題番組 「六平直政・にしおかすみこのチョットいい旅 ~日本の真ん中~
ふるさと・ふれあい・こころ旅」         
静岡朝日テレビ制作
2011年9月3日(土)16:00~17:25放送
番組概要 昨年は長野の諏訪から、北と南に向かった
六平直政とにしおかすみこの二人がまた新潟・長野・静岡を旅する。

二人のたどるルートはそれぞれ違うが、長野県松本市で
落ち合うことになった。昨年は長野県から北と南に向かった二人、
今年は北(新潟県)からにしおかさんが、南(静岡県)から
六平さんが松本城を目指す。

静岡・長野・新潟の3県は富士山・日本アルプスなど雄大な山々と、太平洋・日本海・大河信濃川があり、日本列島を凝縮したような
美しい自然環境の中にある。
そこには絶景・グルメ・歴史遺産とたくさんの旅の要素が
ふんだんに盛り込まれている。
道中にあふれる雄大な自然、おいしさあふれるB級グルメ、
人情あふれる人々との触れ合いを描いた。
審議内容  委員から、
「六平直政さんのキャラをうまく生かしていた」
「新潟のサイクリングロードや静岡の東照宮などのカメラワークは、
旅行願望を炊きつける効果があった」
「すし屋、バーベキュー牧場、ミカン農家などの
登場人物の人柄に興味が湧いた」
「気楽に見られる楽しい番組だった」
「紹介される地元料理が庶民的で好感が持てた」――などの評価を頂いた。

その一方で、
「番組タイトルやオープニングのナレーションに出てくる
『こころの旅』の感動が、本編中に感じられなかった」
「自転車の使用や登場人物との出会いなどの演出がわざとらしく、
見ているのが苦痛だった。もっと工夫すべきだ」
「この内容で85分は長過ぎる」
「点の紹介ばかりで、線のつながりがなかった」
「表現力のないタレントには、制作者側の意図や表現方法などを
しっかり伝えるべきだ」
「松本城の描写がなっていない」――といった指摘や提言を頂いた。
次回日程 2011年11月9日(水)
         課題番組:「Team Earth 浅井慎平の環境紀行
天竜 残された悠久の自然」(静岡朝日テレビ制作)
2011年10月8日(土)16:00~16:55放送

放送番組種別ごとの放送時間量

番組種別 2011年7~9月第3週合計放送分数(分)
報道 6,015
教育 3,195
教養 6,428
娯楽 10,886
その他 通信販売 2,779
その他 310
総放送時間(分) 29,613

CM放送時間量

総放送時間量
総放送時間 4826分30秒

ページの先頭へ

ページの先頭へ