放送番組審議会 2012年3月14日|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 放送番組審議会 > 放送番組審議会

放送番組審議会

放送番組審議会とは

静岡朝日テレビは、放送番組の適正化を図ることを目的に、毎月(8・12月を除く)1回、番組審議会を開催しています。
審議会は、有識者9人によって構成され、番組に対する評価や放送全般についてなど、さまざまな角度から率直なご意見をおうかがいする、放送法に基づく機関です。

放送番組審議会議事のあらまし

2012年3月14日(水)

開催月日 2012年3月14日(水)
開催場所 静岡朝日テレビ本社
出席委員 委員長   岡本 肇
副委員長  杉田 豊
委 員   鍋倉 伸子
      西田 公昭
      髙木 美恵子
      表  信吾
      諏訪 求
      古知 弘行
      伊藤 洋一郎
      (9名中9名出席)
課題番組 「地球を守ろう!プロジェクト Team Earth
徳川家康公ゆかりの地 静岡周遊紀行」
(静岡朝日テレビ制作)
2012年2月18日(土)15:30~16:25放送

番組概要 未来に残したい日本各地の“風景遺産”。自然に囲まれた実り豊かで美しい大地、四季折々の風景。これらは次世代の子供たちに是非残していきたい、私たちの貴重な財産。「地球を守ろう!プロジェクト Team Earth」ではこのテーマに沿って、これまで静岡県内の様々な風景遺産を伝えてきた。
 今回取材したのは「徳川家康公ゆかりの地 静岡」。江戸時代に家康公により築き上げられた、華やかな駿河の文化(家康公が眠る場所・国宝久能山東照宮、職人の洗練された技・駿河竹千筋細工、興津・清見寺)、温暖な気候を利用した農作物(久能いちご)、そして恵み多き海・山の幸(駿河湾の用宗しらす漁、家康公が愛でた興津鯛・有東木のわさび田)などを取材することで、家康公の足跡をたどりながら、静岡の自然や文化を紹介する。
リポーターは元朝日新聞編集委員の加藤千洋さん。
審議内容 委員から「上品でおだやか、映像も丁寧で、見ていてホッとするような内容に仕上がっていた」「家康公と静岡との関わりを良く描いていて、中には地元民にも知られていない歴史的な背景も良く分かった」「品格があり、構成も良く、初めて見る人にもわかりやすい内容になっていた」という意見が出された。
その一方で、「落ち着いた内容だ、ということは逆にいえば刺激が少なく、ややたいくつであり、物足りない内容にもなっていた」「上品であるために高齢者にとっては良い評価を受ける内容ではあろうが、歴史的背景などもっと若い人たちに知ってほしいにもかかわらず、その工夫が足りないと感じた」「過去放送してきた『地球を守ろう!Team Earth』の番組なのに、環境についてほとんど取り上げていないのでは?」――といった指摘や提言を頂いた。
次回日程 2012年4月11日(水)
         課題番組:テレメンタリー2012
               『犬と病院と子どもたち~ベイリーからの贈り物~』
(静岡朝日テレビ制作)
2012年2月27日(月)25:55~26:25放送

ページの先頭へ

ページの先頭へ