静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

県内景気「緩やかに拡大しつつある」

2017年 09月 14日(木)

日銀静岡支店の小高新吾支店長は、定例会見で県内の景気の現状について「緩やかに拡大しつつある」と語った。日銀が「拡大」という言葉を使うのは、リーマンショック前の2008年4月以来、9年5カ月ぶり。自動車や二輪車、一般機械などの輸出が勢いを増し、これらの生産が緩やかに増えているためだ。また、有効求人倍率が5カ月連続で全国値を上回るなど、労働需給は一段と引き締まっているとし、所得も緩やかに増加しているとした。今後の県内経済については、緩やかに拡大すると見ているが、人手不足やアメリカの金融政策などを注視する必要があると述べた。

ページの先頭へ