県内


2014年10月24日 崖下に転落して車中に1日半

 

おとといの夜、小山町竹之下の山中で御殿場市西田中の60歳の男性が運転する軽自動車が県道脇の空き地から発進しようとして誤って50m下に転落した。男性は体の痛みから身動きが取れず、1日半たったきょう午前11時前、ようやく携帯電話に手が届き119番して救助を求めた。男性は軽傷を負っただけだという。


2014年10月24日 富士市で不審火 資材置き場全焼

 

昨夜8時ごろ、富士市宮下の建設会社の資材置き場が全焼し、隣接する住宅の壁の一部も焼けた。富士警察署によると資材置き場には建築工事で使う材木などが置かれていて、きのうは従業員が午後2時半ごろ、資材を整理したという。辺りに火の気がないことから警察は不審火として調べている。


2014年10月23日 新東名で4台関連事故 現場は通行止め

 

きのう午後5時50分ごろ、浜松市北区三ヶ日町只木の新東名高速富幕山トンネルで、渋滞で速度を落としていたトラックに大型トラックが追突し、タンクローリーと観光バスが巻き込まれた。警察と消防によると、大型トラックを運転していた三重県津市の男性(29)が腰の骨などを折る重傷、観光バスの中国人ツアー客9人を含む11人が軽傷を負った。この事故で上り線は浜松いなさICと三ヶ日JCTの間が通行止めになっている。中日本高速によると、解除は昼過ぎになるという。


2014年10月23日 サミット関係者が浜松視察

 

再来年開催される主要国首脳会議=サミットの候補地の現地調査として、外務省などの関係者が浜松市を訪れた。鈴木康友市長は「浜松は産業都市で農業も全国第4位。自然に恵まれているのでぜひ浜名湖でおもてなしをしたい」と強くアピールした。その後、一行はサミットの関連施設として候補に挙がっているアクトシティを訪れ、会場の広さや収容人数、出入り口の確認などをした。サミット開催地には国内7地域が立候補していて、来年春にも開催都市が決まる見通し。


2014年10月23日 危険ドラッグ販売の男4人送検

 

静岡市駿河区の雑貨店で指定薬物が含まれる危険ドラッグを販売した疑いで、おととい逮捕された店の経営者ら4人が静岡地検に送られた。薬事法違反の疑いで送検された横浜市鶴見区の雑貨店経営、加藤徹容疑者(44)ら4人は去年9月、当時静岡市駿河区曲金にあった雑貨店「セレクト静岡店」で指定薬物が含まれた危険ドラッグ2袋を共謀して販売した疑い。静岡南署によると4人は「覚えていない。そんなはずはない」などと容疑を否認しているという。


2014年10月22日 前島秀章展 静岡伊勢丹

 

静岡市出身の木彫家、前島秀章さんの作家活動55周年を記念した展示会が静岡伊勢丹で始まった。前島さんは喜怒哀楽を表現する木彫家として知られている。展示会では、一本のクスノキから一刀一刀掘り進めた富士山を守る女神「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」をはじめ三保の松原の天女「羽衣」など樹齢数百年の樹木を利用したぬくもりあふれる作品35点が展示販売されている。展示会は27日まで。


2014年10月22日 ラグビーW杯エコパ開催を申請

 

県は2019年のラグビーワールドカップ日本大会の開催地として袋井市のエコパスタジアムを申請した。申請書では予選の3試合から4試合、準々決勝の1試合の計5試合ほどの開催を要望しているほか、2002年のサッカーワールドカップ開催の実績を強調している。また、ラグビーの試合に対応するため、陸上トラックを一部除去して芝生を拡張するとしており誘致に対する強い決意が盛り込まれている。全国で約20の自治体が立候補を予定していて、開催地は来年3月に決まる。


2014年10月22日 サミットに向け現地調査 外務省など

 

再来年の主要国首脳会議(サミット)開催に向けた外務省などによる県内での現地調査がきのう始まった。県庁ではきょう、川勝知事が外務省や警察庁の担当者らに対し、最高のもてなしを宣言する決意書を手渡し、富士山などの景観や豊かな食材などをアピールした。調査はあすまでの3日間で、県が会場として提案している日本平周辺や浜名湖周辺で会議で使う施設や警備のしやすさなどを確認するとみられる。サミット開催会場には国内7地域が立候補しており、来年春にも開催都市が決まる見通し。


2014年10月21日 危険ドラッグ条例案示される

 

危険ドラッグを規制する条例の制定を進める県は、きょうの薬事審議会で条例の素案を示した。県は危険ドラッグが原因の事件事故が相次いでいることを受け、危険ドラッグの販売店撲滅を目的にした県条例の制定を目指している。薬事審議会で示された条例の素案には、すでに関係機関で協定を締結している危険ドラッグ販売業者に対する賃貸物件の契約の解除や運送業者の契約解除などの制度化が盛り込まれている。また、県独自の方針として「知事監視店」や「知事指定薬物」を指定して指導を強化する。条例案は12月の県議会に上程され、可決されれば来年3月に施行される見通し。


2014年10月21日 富士山入山料の6割を安全対策に

 

保全協力金事業選定委員会が沼津市で開かれ、登山道の関係者や専門家らが去年の社会実験で集まった入山料1500万円の使い道を話し合った。その結果、GPSを使った登山者の動向調査など、登山者の安全対策事業に全体の約6割の870万円を充て、登山道の侵食状況の把握など環境保全に関わる事業に520万円を割り当てることを決めた。入山料を払うかどうかは登山者の任意で、今年の徴収率は4割ほどにとどまっている。県は使い道を明確化することで登山者の理解につなげ、今後は強制的に徴収する制度化を実現したい考えだ。


2014年10月21日 景品交換所の強盗致傷 起訴内容認める

 

静岡市のパチンコ店の景品交換所で女性従業員にけがをさせ、現金などを奪ったとされる男の初公判が静岡地裁で開かれ、男は起訴内容を認めた。強盗致傷などの罪に問われているのは静岡市葵区瀬名の無職、小倉将之被告(23)で、起訴状などによると去年9月、静岡市葵区のパチンコ店景品交換所で女性従業員をナイフで脅した上、地面に引きずりけがをさせ、現金約16万円などを奪ったとされる。また、おととしから去年にかけ、市内のコンビニエンスストア3店でも強盗を行ったとされている。初公判で小倉被告はすべての事件について起訴内容を認めた。


2014年10月20日 民主が元環境省職員擁立で調整

 

民主党県連は候補予定者が不在になっている衆議院静岡2区に元環境省課長補佐の松尾勉氏(30)を擁立する方向で調整していることが関係者への取材でわかった。松尾氏は、群馬県出身の30歳、東大文学部を卒業後、環境省に入り、民主党県連の細野会長が環境大臣を務めていたとき福島第一原発事故の除染などに携わった。今年8月に環境省を退職し、現在、細野会長の事務所で秘書を務めている。きょうの常任幹事会後、細野会長は「検討している段階で途中経過を会議で報告した」と述べた。藤枝市や焼津市などを選挙区とする静岡2区の民主党候補予定者となる総支部長は、前回の総選挙で落選した津川祥吾氏が政界を引退したあと空席となっている。


2014年10月20日 東名集中工事始まる

 

東名高速の集中工事がきょうから始まった。東京インターチェンジと豊川インターチェンジの間で車線規制が行われている。午前11時現在、県内では愛知県境の宇利トンネルを先頭に上りで25キロ、下りで13キロの渋滞が起きている。工事期間はきょうから土日、祝日を除く来月7日までで東京から豊川の間の一部区間で車線規制が行われる。また、あすは富士川スマートインターチェンジと遠州豊田スマートインターチェンジが午後10時から翌朝まで出入り口が閉鎖される。


2014年10月20日 自転車マナー向上の日

 

きょうは「自転車マナー向上キャンペーン指導強化の日」。藤枝市では通学時間に合わせ街頭指導が行われた。けさ7時半から藤枝市田中の県道交差点で警察官や高校生ら60人が街頭に立った。そして、自転車で通学する生徒らにマナーの向上を呼び掛けるチラシを配った。藤枝警察署管内の高校生の自転車事故は今年度、先月までに41件発生していて、去年の同時期より7件多いという。


2014年10月19日 袋井コンビニ強盗で男2人逮捕

 

おととい袋井市で起きたコンビニエンスストアの強盗事件でブラジル国籍の男2人が逮捕された。逮捕されたのはいずれもブラジル国籍で袋井市に住む無職ヤナセブルーノ容疑者(20)と18歳の少年。袋井署によると、ヤナセ容疑者はおととい午前3時半ごろ「サンクス袋井久能店」でレジにいた男性店員に包丁のようなものを突き付けて脅し、現金約17万円とたばこ5箱を奪い逃走した疑い。18歳の少年は計画を事前に知っていたため共謀の疑いが持たれている。調べに対しヤナセ容疑者は容疑を否認し、18歳の少年は容疑を認めている。警察は現場近くで8日に発生したコンビニ強盗についても関連を調べている。


2014年10月18日 看学祭 健康ランドが人気

 

静岡市立清水看護専門学校で学生たちのお祭り、看学祭が開かれ、看護学校らしいコーナーに人気が集まった。看学祭には毎年高い人気を誇る健康ランドが今年も特設された。健康ランドは7つのコーナーに分かれていて、来場者は血圧を測定してもらったり冷え性などの身近な治療法の一つ、手浴と足浴を受けたりと、今年も多くの人が集まった。また、重さ15kgの模型を着けて臨月の妊婦の状態を体験できるコーナーも初めて登場し、床に落ちた物を拾う大変さを実感しているようだった。学校では現在、男女115人の学生が看護の道を目指していて、この祭りは地域への感謝を込め年1回開催している。


2014年10月18日 猟銃事故の長泉町で狩猟再開

 

長泉町は猟銃による死亡事故以来中止していた有害鳥獣捕獲を再開した。去年11月、有害鳥獣捕獲をしていた地元猟友会が、山菜採りをしていた男性を撃って死亡させた事故を受け、長泉町は捕獲活動を休止してきた。しかし、シカなどによる農作物被害が深刻なため、捕獲活動の再開に踏み切った。町では捕獲活動をしていることを山に入る人に呼びかけるなど、安全策を徹底することで活動再開への理解を求めたいとしている。


2014年10月17日 リニア新幹線を国が認可

 

国交省はJR東海が総事業費5兆5000億円を投じ、2027年に東京~名古屋間で開業するリニア新幹線の着工を認可した。課題だったトンネル工事で出る大量の残土の処理など、環境への影響について抜本的な計画の見直しは求めなかった。これを受けてJR東海は今月から住民への説明会を始め、来年から建設工事に着手する方針。川勝知事は「歓迎しております」としながらも、2020年の東京オリンピックに間に合わせるため品川~甲府間を先行開業し、南アルプスでの工事は環境への影響を詳しく調査した後にすべきとした。一方、静岡市の田辺市長は「私たちの懸念を十分払拭するような回答をいただいてない。私たちの共通した思いは着工を急ぐべきではないということです」と語った。


2014年10月17日 浜松市天竜区の商店街で5棟焼ける

 

きのう午後6時前、浜松市天竜区二俣町二俣の商店街の建物から火が出ていると近所の人から消防に通報があった。火は隣接する建物にも燃え移り店舗兼住宅や空家など5棟、約200平方メートルを焼き、6時間後に消し止められました。けが人はいなかった。警察と消防はけさから見分を行い出火原因を調べている。


2014年10月17日 浜松市天竜区の商店街で5棟焼ける

 

きのう午後6時前、浜松市天竜区二俣町二俣の商店街の建物から火が出ていると近所の人から消防に通報があった。火は隣接する建物にも燃え移り店舗兼住宅や空家など5棟、約200平方メートルを焼き、6時間後に消し止められました。けが人はいなかった。警察と消防はけさから見分を行い出火原因を調べている。


2014年10月17日 袋井市のコンビニに強盗

 

「サンクス袋井久能店」で午前3時半ごろ、レジにいた男性店員に男が包丁のようなものを突き付け「レジを開けろ。金を出せ」と脅した。店員がレジから現金約17万円を取り出して渡すと、男は現金とたばこ5箱を奪い逃走した。店内には搬入業者がいたが、犯人が外に出るよう促し、店員にもけがはなかった。袋井警察署によると、男は身長160cmぐらいで黒のコートに茶色のマフラーをしていたという。


2014年10月17日 熱帯の珍果「パラミツ」

 

東伊豆町の熱川バナナワニ園で東南アジア原産の珍しい果実「パラミツ」が大きな実を付け、入園者を楽しませている。「パラミツ」は英語で「ジャックフルーツ」と呼ばれ、50kgもある大きな実がなる。熱川バナナワニ園には1970年、果樹温室の開園前に3本の「パラミツ」の木が植えられたが、これまで実がなっても大きく成長することはなかった。今年は夏場に気温の高い日が続いたためか、1本の木にバレーボール大の6個の実がなった。園では「今年こそパイナップルに似た風味と言われる成熟した実を味わってみたい」と楽しみにしている。


2014年10月16日 定例市長会議 来年度予算で県に要望

 

静岡市で市長会議が開かれ、原田英之会長が来年度予算に対する要望書を川勝知事に手渡した。要望書では引き続き地震・津波対策などへの財政支援を求めたほか、学校現場で外国人や障害のある児童生徒が増え対応が難しくなっている現状を踏まえ支援員を増やすための対応なども求めた。会議ではこのほか「台風の際に避難勧告を出す基準がバラバラだった」という指摘を受け、今後専門家を交えた議論の場を設けることも決めた。


2014年10月16日 サミット誘致会議「経済効果は350億円」

 

2016年の主要国首脳会議・サミットを誘致する初めての会議が開かれた。静岡県は首脳会議を浜松市の「グランドエクシブ浜名湖」で、関係閣僚会合を静岡市の「日本平ホテル」で開催する計画で、8月末に申請書を国に提出している。川勝平太知事は「経済効果というのも洞爺湖でも350億円。必ず静岡県の方々に経済的にも大きないい影響を及ぼす」と述べた。サミットの開催国は、主要8カ国の持ち回りとなっていて、日本では2008年に北海道の洞爺湖で開かれていて今度は2016年に開催される。サミットには国内7地域が立候補しており、来年春にも開催都市が決まる見込み。


2014年10月16日 JR東海道線が全線復旧

 

台風18号の土砂崩れの影響で静岡市清水区の由比・興津駅間で不通になっていたJR東海道線がきょうの始発から全線で復旧した。JR東海道線の由比・興津駅間は今月6日の台風18号で法面が崩れ線路が土砂で埋まったため10日間にわたり不通となっていた。JR東海は、当初20日に仮復旧させるとしていたが、延べ900人の作業員がほぼ24時間態勢で工事を進め、予定より早くきょうの始発列車から復旧となった。また、これまで運休していた特急列車や貨物列車の運行もけさから再開した。


2014年10月16日 富士山初冠雪

 

富士山から冬の便りが届いた。けさ、甲府地方気象台は富士山の初冠雪を発表した。今年の初冠雪は平年より16日遅く、去年より3日早い観測。台風19号が通過した後、上空に寒気が流れ込み雪を降らせた。雪化粧の富士山が一足早い冬の訪れを告げ、県内も来週ごろから徐々に気温が下がっていきそうだ。


ページの先頭へ