静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

危険運転事件 バイクもあおり運転容疑

2017年 12月 13日(水)

10月、富士市で前の車が急ブレーキをかけ、後続のバイクが転倒し運転手が重傷を負った事件で、警察はバイクの運転手についてもあおり運転をしたとして、安全運転義務違反の疑いで書類送検した。書類送検された会社員の男(48)は、10月27日、富士市岩本の県道でバイクを運転中、前を走る車に必要以上に近づくなど約200メートルにわたりあおり行為をした疑い。あおられた前方の車がわざと急ブレーキをかけたため、バイクの男は転倒し、右足骨折の重傷を負った。警察は、車を運転していた男(53)を危険運転致傷の疑いで逮捕していた(処分保留で釈放)。しかし、バイクのあおり運転にも原因があると判断した。警察によると、男は調べに対し「あおったつもりはないが、そう思われてもしかたない」と話しているという。

ページの先頭へ