静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

AI搭載の英会話ロボット「チャーピー」

2017年 06月 22日(木)

おととい、浜松市のベンチャー企業CAIメディアが、高さ23センチ、幅15センチほどの対話型英会話ロボット「チャーピー」の発売を発表した。人工知能、AIを持つ「チャーピー」は、搭載されたカメラで5人まで識別することが可能。そして相手の会話能力に合わせて、音声合成技術により800通りの英語を話すことができ、発音のチェックもしてくれる。「チャーピー」はインターネットに接続することにより、人工知能がさまざまな情報を得て機能の幅が広がり、英会話上級者レベルにも対応するとされる。さらに会話する人の顔の表情を読み取り、相手の喜怒哀楽の感情を判断して話すようになるという。開発のきっかけについて、福地三則社長は「日本人ははずかしがり屋なので、海外の人と面と向かって話す時に声を出せない。ロボットだったらそれが割と平気で言う。家の中とか学校で使ってもらったら、日本人の英語も上手くなるのではないかと思った」と話した。「チャーピー」は、今月30日、静岡パルコのデモストレーションに登場し、ネットで資金を集めるクラウドファンディングの出資者に向けて、先行予約販売される。英会話ロボットの登場は、日本人の英会話に対する苦手意識を変えてくれるかもしれない。

ページの先頭へ