静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

広島の被爆女性が演説 「核なき世界」の実現訴え

2018年 04月 26日(木)

 スイスで開かれているNPT(核拡散防止条約)に関する会議で、広島で被爆した日本人女性が演説し、各国の政府に「核なき世界」の実現を訴えました。  児玉三智子さん:「私たちは今、岐路にいます。核兵器の廃絶なしに世界の人類の命と安全を守ることはできません」  演説した児玉さんは、広島で7歳の時に被爆した体験を話しました。そのうえで、去年、国連で採択された核兵器禁止条約に参加していない核保有国や日本政府を批判しました。また、広島市の松井市長と長崎市の田上市長も核廃絶の重要性を訴えました。NPTを巡っては、2020年に実効性を検証する再検討会議が予定されています。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

ページの先頭へ