静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

シャンシャンまた成長 初めて自分で外出、おしっこ

2017年 11月 10日(金)

 上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」が生後150日を迎えて、初めて自力で屋外に出て遊ぶ様子が公開されました。  今月6日に撮影された映像です。赤ちゃんパンダのシャンシャンは初めて丸太の上によじ登ることができました。同じ日に初めて自力で排尿できるようになったことも確認されています。最近は、よく母親のシンシンと2頭でじゃれあっているということです。9日はシャンシャンが初めて自力で屋外運動場に出ていきました。15分ほどすると、母親のシンシンがシャンシャンをくわえて室内に戻したということです。来月中旬にも予定されている一般公開に向け、休園日の10月30日と今月6日には、シャンシャンとシンシンがいる状態で観客通路側のシャッターの開閉が行われました。この時、シャンシャンはガラス面のすぐそばまで近付いていたということです。

ページの先頭へ