静岡朝日テレビホーム > ニュース

ニュース

東京商品取引所で障害発生 約2時間システム停止

2017年 08月 22日(火)

 原油や金などがやり取りされる東京商品取引所の売買システムに障害が発生し、約2時間、システムが停止しました。  東京商品取引所によりますと、22日午後5時ごろ、商社や先物取引業者などから「取引が行えない」といった声が寄せられ、午後5時40分からすべての取引を停止しました。その後、システム再開のめどが立ったことから午後7時に注文の受け付けを開始し、午後8時から夜間取引を再開しました。システム障害の原因は分かっていないということです。東京商品取引所では原油や金、トウモロコシなどの売買が行われています。

ページの先頭へ