その他番組で紹介した情報|とびっきり!しずおか|番組|静岡あさひテレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > とびっきり!しずおか > その他番組で紹介した情報 > 2016年7月 > 伊豆「大蛇伝説」を追え!!

その他番組で紹介した情報

その他番組で紹介した情報

  • ■インデックスに掲出するコーナーロゴ画像
  • ■インデックスに掲出するテキスト
    今回は伊豆半島に点在する「大蛇伝説」を追跡!

    鎌倉時代の大蛇退治の伝説が残る伊東市の「大蛇穴」から
    南伊豆町にある不思議な「蛇石」まで、
    現代の怪奇ロマンを求めて真夏の伊豆半島を縦断。

    さらに今年5月に発見されたばかりの大蛇伝説を裏付ける
    新事実にも迫る!
  • ■他ページに掲出する画像

2016年7月19日紹介 [二村豊人のしずおかシリアル] 伊豆「大蛇伝説」を追え!!

★【伊豆高原の「大蛇穴」】

▽伊東市富戸の「さくらの里」内にある
 溶岩洞窟の別名は「大蛇穴」。
 鎌倉時代、二代将軍・源頼家の命により
 家臣の和田胤長が大蛇を退治したという逸話が残る。

▼洞窟の正式名は「穴の原溶岩洞穴」。
 3700年前に大室山の噴火で出来たという。

 周囲には貴重な植物が群生している。

★【河津七滝の“蛇滝”】

▽七つの頭を持つ大蛇の伝説が伝わる河津七滝。
 その中の一つが「蛇滝」。

 正面から見ると蛇の形には見えないが…

▼滝の両側の岩肌を見ると、
 表面が蛇のウロコのように見えることから
 「蛇滝」と呼ばれるようになった。

★【南伊豆町の「蛇石」】

▽南伊豆町にある「蛇石」は、
 かつてこの周辺で暴れていた大蛇が
 白龍大権現の力で石に姿を変えられてしまったと伝わる。

★【新発見!甲人の塔

▽南伊豆町史編纂委員会が、
 今年5月に発見した「甲人の塔」は、
 当地の大蛇伝説を裏付ける石塔。

 約850年前、大蛇に飲み込まれた甲州人を悼み、
 地元住民が建てたと伝わる。

 (※画面一番左が甲人の塔)

ページトップへ