あさひテレビ最前線 職場紹介 | 採用情報|静岡朝日テレビ

SATV 採用情報 2018

  • 企業理念
  • 新卒採用
  • キャリア・一般職・アルバイト採用
  • 採用Q&A
  • お問い合わせ
  • グループ会社の採用情報

あさひテレビ最前線 職場紹介 報道最前線 制作最前線 営業最前線 編成最前線 技術最前線 総務・財務最前線 事業最前線

報道最前線

静岡の精鋭探求隊

張りめぐらされた取材網。現場記者と本社の鮮やかな連携。それらを駆使して、県内で発生する様々な出来事をきめ細かく取材し、正確に伝達する。その毎日を通じて皆様の生活向上に貢献する。それが報道の役割です。
また、静岡県は東海地震が不安視されるだけに、地震・災害報道には報道機関として特に重い責任があり、日ごろから万全の体制を整えています。ローカルテレビ局には、よりワイドで密着した地域情報の提供力が求められます。報道は日ごろより深めてきた地域の皆さまとの交流を財産に、新時代をリードしていきます。

制作最前線

「おもしろい」はどこまで進化するか

看板番組「とびっきり!しずおか」などのレギュラー番組をはじめ、高校野球や系列局とのブロック番組など年間40本を超える番組、さらには全国ネット番組を企画から取材、編集、放送までトータルに手がけるのが制作。演出は、情報か娯楽か生放送かVTR構成かなどで異なりますが、共通の命題「いかにおもしろく伝えるか」のためにディレクターたちは常に奮闘しています。時代は一層魅力的な番組を求めています。制作はそうした要請に応えるべく、視点や発想、行動力に磨きをかけています。

営業最前線

“商品”の進化をビジネスに仕上げる

番組と番組の合間に流れるCMという「時間」やイベントという「空間」を、広告代理店の協力を得ながら企業などに販売するテレビ局の営業業務。限られた予算で商品やサービスをいかに効率よくアピールするかという真剣勝負のなかで、商品やサービスの調査を入念に行い、テレビの影響力、CMの効果を最大限に引き出すプランを提案するという醍醐味の連続です。
地域に密着した自社制作番組や県外中部ブロックを視野に入れた番組づくりを目指すあさひテレビ。おのずと営業レベルも高度化し、新たな体制や発想、心意気が育まれています。

編成最前線

局の中枢にロマンがある

視聴者にもっともっと愛されるために、新番組づくりや番組内容の見直し、宣伝活動などを推進し、また放送事故がないように局内を管理するなど、常にテレビ局の中心にいることを実感できる部門。その分、広い守備範囲への対応力や視聴率という結果を求められる厳しい部門でもあります。昨今は、系列にとらわれない番組ソフトの活用や、時間ごとのターゲットにあわせた番組開発など、新しい取り組みも増えました。もちろんそれに満足することなく、もっと新しいスタイルの自社制作番組を開発したい。その願いを活力にスタッフは心のアンテナ感度を高め続けています。

技術最前線

技術のダイナミズムここにあり

テレビ番組の制作から、各家庭まで確実に電波を届けるのが放送技術を担当している放送システム部の仕事。クオリティの高い番組を作る制作技術。映像の監視及び、緊急時に放送対応をするマスター。中継局の保守を行い質の高い電波を届ける送信技術、CMを含めた放送のスケジュール指示を出す営放システム、それらがそれぞれ力を発揮することで各家庭まで確実に電波を届けています。
近年4K、8K、HDRの時代が訪れようとしています。放送システム部では時代の流れをいち早くキャッチし、対応すべく日々勉強です。

総務・財務最前線

新世紀に企業風土をどう変える

人事や収支管理、社屋の管理など企業としてあさひテレビのビジネスを支えるのが総務・財務部門。今の企業に求められているキーワードはパラダイム・チェンジ。良しにつけ悪しきにつけ長年培ってきた企業風土を新時代のグローバルな社会に対応して、いかに変えてゆくのか。放送業界は地上波デジタル放送を中心に大きく変わり、柔軟で創造的な企業が新しいドアを開きます。新時代では組織と財務の強化も求められ、その鍵を握っているのは総務財務の緻密で明確な管理機能です。地元に溶け込んだ地域局として自立するための努力は休む事なく続けられます。

事業最前線

静岡を肌で感じて明日をひらく

番組とともにテレビ局の地域貢献という役割を担っているイベント。その企画・運営を支えているのが事業部です。魅力的で、地域に役立つイベントを提供したい。そのココロは活発なマーケティング活動を導き、幼稚園児から年配の方まで日頃から数え切れない人と接し、様々な声を吸収しています。イベントは企業や団体、行政などの協賛を得ますから、まさにあらゆる方面に輪が広がり、その無限の可能性が仕事のおもしろさに通じています。イベントの成果を次なるイベントに、さらには局全体にフィードバックする。そうした意識の高まりがあさひテレビの大きな武器になります。また近年、webを活用したビジネスにも取り組んでいます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ