静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 先輩社員インタビュー > T.F(2017年入社)

先輩社員インタビュー

自分がロケを通して
感じたことを、
視聴者の方々に
届けられることがやりがい
制作部
T.F(2017年入社)

今どんな仕事をしていますか

毎週土曜日朝9時30分から放送している「サタハピしずおか」という番組でディレクター・ADとして番組の放送に携わっています。番組の公式LINEやtwitterなどSNSを使用した告知や、あさひテレビホームページ内で番組のこぼれ話を配信する「ゆるトーーク」の編集をしています。

また、静岡で話題となっているものにスポットを当て、現地へと足を運び取材もしています。自分の足で得た情報が静岡県の方々へと伝えられることにやりがいを感じながら日々の業務に取り組んでいます。

仕事で嬉しかった、楽しかったことは何ですか

ロケを通して、多くの方々と出会い、関係性を築く中で、多くの刺激が得られることに喜びを感じています。

サタハピしずおかのロケで出会った方々はもちろん、夏の高校野球の中継で出会った高校球児から一球に懸ける熱い想いを感じることができました。番組制作という現場で、視聴者の皆さんの代わりとなって普段見ることのできない光景を見たり、肌で感じたりすることができ、毎日が充実しています。

自分がロケを通して感じたことを、VTRという形にして視聴者の方々にメッセージとして届けられることが大きなやりがいであり、楽しみでもあります。

あさひテレビはどんな会社ですか

「挑戦」ということに積極的な会社だと感じています。何気ない会話の中で生まれたアイデアが番組の企画になり、放送されることも少なくありません。これは自由闊達な雰囲気あってのことだと思います。

分け隔てなく接してくださる先輩方や各々のアイデアを最大限に尊重し助言を加えてくださる環境があるので私自身も、のびのびと働くことができています。

プライベートの過ごし方は

私はアウトドアな性格なので、休日はとにかく出掛けています。焼肉とラーメンが大好きなので、人気グルメアプリ(ちなみに有料会員です)でお店を調べ、行きたいところへ食べに出掛けています。好きなものを食べることでストレス発散にもなっていると思います。

また、大学時代の友人に会いに行くために東京や大阪、福岡まで出かけることもあります。他業種で活躍している友人と近況報告をしあうことで仕事のモチベーションを高めることができています。

あさひテレビを目指す人に一言

自信を持って就職活動に励んでほしいと思います。背伸びせずに自分がこれまでにしてきた経験をしっかりと整理して自分がどんな人間であるかを見つめ直す必要があると思います。「他の人と比べて自分には優れたエピソードがない」とか、「テレビ局を目指す人は尖っていた方がいいんじゃないか」と不安に思っている人も多いかと思います。

しかし、大切なことは、そこではなく、自分がいったいどんな人なのかをわかりやすく伝えることだと思います。友人や家族と積極的にコミュニケーションをとり自分の性格をゆっくりと見つめ直してください。その過程がきっと皆さんの自信になると信じています。