静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 先輩社員インタビュー > スミス 春子(2019年入社)

先輩社員インタビュー

自分のリポートが
誰かのきっかけに…
アナウンサーとしての
大きな喜びに。
アナウンス部
スミス 春子 (2019年入社)

今どんな仕事をしていますか?

とびっきり!しずおかの情報局でリポーターやナレーションの他に、とびっきり!しずおか土曜版で、ハッピーイオンとスミスイングリッシュという英語のコーナーを担当しています。また、となりのスターさんという番組では、芸人のさらば青春の光のお二人の隣でアシスタントを勤めています。学びの連続ですが、地元静岡の魅力を発信することに喜びを感じています。

仕事で嬉しかった、楽しかったことは何ですか?

担当している、となりのスターさんという番組を通して、テレビの前の人を笑顔にできたことです。街で取材中、通りかかった視聴者から、「いつも見ているよ!とても面白いよね!」とお声がけ頂いたことがありました。「人を笑顔にしたい。肩の力を抜いて楽しんでもらいたい。」と思い、試行錯誤を繰り返していたので、非常に嬉しかったです。まだ未熟なところばかりですが、喜びとやりがいを感じた瞬間でした。

静岡朝日テレビはどんな会社ですか?

フレンドリーな方が多く、風通しのいい会社です。先輩方は、廊下などですれ違えば声をかけてくれます。また、悩みも親身になって聞いてくださいます。挫けそうになったとき、先輩方の温かい言葉に何度も背中を押されました。この温かい社風は、入社前のイメージと変わりません。入社してからは、先輩のプロ意識の高さに驚きました。どの方も、テレビ局意で働くということに対して、熱意と自信を持って向き合っています。先輩の姿を見て、学びの連続です。

プライベートの過ごし方は?

休みの日は出かけることが多いです。外に出て自然に触れたり、高校時代の友人と食事をしたり、東京に住んでいる友人に会いに行ったりしています。他には、読書をしたり、愛猫と遊んだり、最近は断捨離にはまっているので、よくものを捨てています(笑)私は静岡出身ですが、離れていた時間が長かったため、県内のまだ行ったことがない場所が沢山あります。そのため、時間がある日は車で市内を飛び出して、観光をしています。「こんなところがあったのか!」と思うようなお洒落スポットやレジャースポットで溢れているので、あまり退屈することはありません!

静岡朝日テレビを目指す人に一言

就職活動は本当に大変だと思います。私も、全国のアナウンサー職の試験を受け、苦労しました。でも、あのときの大変な時期があったから、今好きな仕事をしている自分がいます。辛く長いように思えますが、これからとびっきり素敵なことが始まろうとしているので、どうか最後まで諦めないでください。「就職活動を乗り越えたのだから、何でもできる!」と、自分の中で自信にも繋がります。後悔しまいように、自己分析をたくさんして、等身大で熱意を伝えてくださいね。

自分未来図 | 静岡県厳選企業リクルートサイト