静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 先輩社員インタビュー > 渋谷 奈摘巳(2018年入社)

先輩社員インタビュー

東京と静岡を結ぶ窓口
CM“放送”のプランナー
業務部
渋谷 奈摘巳 (2018年入社)

今どんな仕事をしていますか?

業務部で、東京支社のスポットデスクとして、CMが放送される枠の管理をしています。東京支社には、東京に拠点を置くスポンサー企業や広告代理店とやり取りする営業部と、番組の編成状況や静岡朝日テレビの全国ネット番組などでテレビ朝日との窓口になる編成担当がいます。私は、スポットデスクと呼ばれる広告代理店を通して、スポンサー企業との交渉やどの番組にCMが流れるかを調整する仕事をしています。

多くのスポンサー企業が東京に宣伝の窓口本拠を置いていることから、東京支社は静岡朝日テレビの売上の多くを占めています。CMが放送できる枠には限りがあるので、パズルを組むようにCM枠を運用することが、売上の最大化に繋がります。同じスポンサー企業でもキャンペーンによって、放送可能時間やリーチしたいターゲットが異なるので、ニーズに答えつつも調整し、スポンサー企業にも静岡朝日テレビにも利益が生まれるよう日々考えています。

仕事で嬉しかった、楽しかったことは何ですか?

営業部と協力し、CMの出稿を獲得できたときです。営業部がセールスしてきてくれたものに対して、できる限りスポンサーの要望にも静岡朝日テレビの利益にも答えられるように日々考えています。なかなか難しいこともありますが、まだまだ微力ながらも力になれたときはやりがいを感じます。

また、業務部の仕事は個人作業に見えて、チームで作業することが多いため、少しでも全体をみて自分がどう動けばよいのかもっと知識をつけていきたいです。

また、系列局や代理店の方々と飲み会でご一緒できる機会もあり、勉強になる話を聞けることが多くとても楽しいです。

静岡朝日テレビはどんな会社ですか?

若いうちから、責任のある仕事を任せてもらえる会社だと思います。正直、配属初期の頃は、驚くことが多かったですが、先輩方がしっかりとサポートしてくださるので新しいことにも挑戦し、成長していける環境だと感じます。

また、ほど良いフランクさがあり、1年目の私にも親身になって相談・助言してくださる先輩方ばかりです。

プライベートの過ごし方は?

仕事帰りは、先輩方によくご飯に連れていってもらっています。仕事のアドバイスから、プライベートの相談まで聞いてくださる素敵な先輩に教えてもらえているのがとても嬉しいです。また、土日休みが取れる部署なので、趣味の旅行や流行のスポットに出かけるなどしています。デスクワークな分、休日は外にいることが多いです。

静岡朝日テレビを目指す人に一言

自分のことを人に伝えるのって、とても難しいですよね。私が就職活動中最も苦労したことなのですが、静岡朝日テレビの面接では、どんなすごい経験をしているかよりも、どんな経験をして、そこからどんなことを考えたのか、それを受けてどう思ったのかなど、等身大の部分をみてもらえていたのかなと感じています。しっかり自分の考えを持ち、伝えたいという思いがあれば、面接官にも伝わると思うので、緊張しすぎず頑張ってください!

自分未来図 | 静岡県厳選企業リクルートサイト