静岡朝日テレビホーム > 採用 > 社員紹介 > 放送システム部 河邉光利

PERSON社員紹介

先輩社員インタビュー:放送システム部 河邉光利

静岡朝日テレビを志望した理由は?

特に私の好きな番組を放送していたからです。なぜ静岡なのかといいますと、出身の静岡県を元気にしたい気持ちが強かったからです。

自分の好きな番組を県民に発信して、県民に貢献できることはとても幸せだと感じています。

放送システム部ではどんなお仕事をしていますか。

放送システム部だけでも、放送監視業務、制作技術、送信技術、ネットワーク整備と多岐にわたり仕事があります。

テレビ局のシステムを把握するためにも色々な経験が必要となるので、一年目は放送監視業務(マスター)をしていました。

24時間自局のテレビを監視して、機器の不具合や緊急特番のときに対応する仕事をしていました。二年目からは制作技術をしています。主に「とびっきり!しずおか」や「スポーツパラダイス」等の自社制作の技術スタッフです。私は映像、電源関係の運用をしています。生放送中に各カメラの映像の調整をしたり、中継があるときは中継車に乗り中継のできる環境を作ります。このような仕事をビデオエンジニアリング(VE)と言います。また、時間に余裕のあるときは送信の仕事も行います。上司と一緒に山に登り中継局の保守をしています。

仕事をしていて嬉しかったこと・大変な点は何ですか。

嬉しかった点は、少し恥ずかしいですが初めて自分の名前が番組のエンドロールに乗ったときです。

大変な点は、覚える知識が多いことです。不具合が起きた時にいち早く対応しなければなりません。

そのためには、膨大な知識量と、臨機応変力が必要となります。様々な可能性を考えてなにが原因かを突き止めます。そうするために、日々知識を増やさなければなりません。しかし、知識が増えていくにつれて、今までわからなかったことがわかるようになってきます。そういった点に喜びも感じています。

静岡朝日テレビの雰囲気は?

大変良いと思います。部署だけでなく私の携わってきた放送監視業務、制作技術では疑問に思うことがあったときは周りの人が必ず教えてくれます。

また、自分がミスをしそうなときも必ずそうならないようにアドバイスしてくれます。そういった、周りの方と助け合いの精神があるところに良い雰囲気を感じますね。また、行動にあまり制限がなく、自分で提案してガンガン動けるような所も魅力の一つであると思います。

学生時代にやっておいて良かったな、今役に立っているな と思うことはありますか。

資格の勉強ですね。テレビ局の技術職では「第一級陸上無線技術士」という資格が必須となっています。

この資格がなかなかの曲者で取るのに時間がかかります。そのため、学生時代に取得することをお勧めします。そして、就職試験ではテレビ局だけでなく電波を利用する企業でこの資格は強みになるはずです。頑張って下さい。

就職活動をしている学生の皆さんにメッセージをお願いし ます。

皆様は企業研究をされていると思います。会社訪問をしたり、説明会へ行ったり。そこでその企業が一体どういうカラーで、どういう方向へ進もうとしていて、どんな雰囲気なのかを見極めて下さい。そうすると、どのような学生を取りたがっているかが少し見えてくると思います。

面接のときは自分の気持ちだけでなく、企業の取りたがっている人物像に近づけてアピールすることがコツだと個人的には思います。一見偽りの自分かのように思われてしまうかもしれませんが、仕事をする上では相手に合わせて自分を変えることは当たり前です。友達によって話し方を変えるのも同じですよね。 そうして、いろんな企業を見て、面接をして、本当にいいなと思う企業に入れるよう頑張って下さい。

ページの先頭へ

ページの先頭へ