静岡朝日テレビホーム > アナウンサー > 堺 瞳 > ブログ > 気象庁ワークショップ

堺 瞳のブログ

  • ■インデックス表示用sakai
  • ■インデックス表示用M
  • ■インデックス表示用堺 瞳
  • ■インデックス表示用
  • ■インデックス表示用堺 瞳アナウンサーがブログを更新しました。

気象庁ワークショップ


先日、静岡県地震防災センターの小林所長にお話を伺ったところ

静岡県がこれまで災害対策にかけてきたお金は2兆円に上り、

これは地方都市では世界1位の金額だそう。

世界的に見ても、静岡県は『災害対策県』!


そんな県民の大雨に対する意識は、地震や津波に比べるとまだ低いかもしれません。


先週、静岡県では初めての気象庁ワークショップが行われ

私も司会をしながら、

大雨への対策について勉強させていただきました。


お話を聞いている方々は・・・

なんと県内の校長・教頭先生 35名!


気象台の森野さんに映像を見ながら解説していただき、

また、住んでいる場所に大雨が降ったと仮定したシュミレーション

先生方に行っていただきました。


家族構成も住んでいる家もそれぞれ違う条件で

大雨の中、どう避難したらいいか、ということを考えるもので、

いざという時のための「備えの大切さ」が良く分かるワークショップでした。

ぜひ、改めて自分の住んでいる町の洪水予測などチェックしてみてください!

https://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-320/measures/measures02_2.html

気象台・日赤のみなさん、ありがとうございました!

ページの先頭へ