静岡朝日テレビホーム > アナウンサー > 石田 和外 > ブログ > 24年ぶりの再会!

BLOG:石田 和外のブログ

  • ■インデックス表示用ishida
  • ■インデックス表示用M
  • ■インデックス表示用石田 和外
  • ■インデックス表示用
  • ■インデックス表示用石田 和外アナウンサーがブログを更新しました。

24年ぶりの再会!

新人アナのときに取材した球児と実に24年ぶりの再会を果たしました。

1992年桐陽高校の2年生エースとして甲子園に出場した川口章吾君。

偶然にも川口君が今の仕事の関係で「とびっきり!」の取材を受けることになり、

私の名前を出してくれたのです。

担当ディレクターから話を聞いて、「ぜひ会いたい」と取材後あさひテレビに寄ってもらいました。

当時は18歳と24歳。

今は・・・42歳と48歳!

「お互い随分歳をとったね」と苦笑。

新人アナの私は、静岡大会から桐陽を取材し、甲子園でも密着取材を続けました。

あどけない笑顔が印象的でキレのあるスライダーを武器したクレバーなピッチャー。

同期には、御殿場西で2年の時、春のセンバツに出場し、その後千葉ロッテで活躍した

小野晋吾投手がいて「二人の甲子園投手」と注目されました。

「石田さんが試合後に『素晴らしい試合だった。感動した!』と声をかけてくれたのを

よく覚えています」と私が全く記憶にないエピソードも掘り起こされ、恥ずかしくもありましたが、

思い出話は尽きませんでした。

今でも社会人チームで野球の指導に関わっているそうです。

そして小野投手を始めとした当時の仲間たちとも連絡を取り合い

「静岡の野球を盛り上げたい」と話し合っているそうです。

川口君、今度は酒でも飲みながらじっくり語りましょう!

当時の川口君

当時の私(笑)

ページの先頭へ