NPOを通じた地域貢献|あさひテレビCSR「静岡のチカラ」|静岡朝日テレビ|きくがわテント村

静岡朝日テレビホーム > あさひテレビCSR 静岡のチカラ > NPOを通じた地域貢献 > 2017年11月 > きくがわテント村 アナウンサー防災読み聞かせ実施!

あさひテレビCSR 静岡のチカラ

あさひテレビCSR 静岡を元気に…子供たちの未来のために…「「静岡のチカラ」プロジェクト

  • ■インデックスに掲出するテキストきくがわテント村 アナウンサー防災読み聞かせ実施!
  • ■月別に掲出するテキスト静岡のチカラ基金 助成事業として行なわれた きくがわテント村イベントで アナウンサーによる防災読み聞かせを
    静大教育学部の藤井ゼミの学生さんと実施しました 
  • ■他ページに掲出する画像

きくがわテント村 アナウンサー防災読み聞かせ実施!

2017年11月7日(火)

2017年11月5日(日)菊川運動公園で 第2回きくがわテント村が開催されました。
アウトドアイベントで親子の生きる力を向上させよう!防災力を身につけようと、テントで様々なブースが展開されていました。
アナウンサーの橋本ありす、宮﨑玲衣と静岡大学教育学部藤井ゼミの生徒5名で、防災絵本の読み聞かせや、地震が起きた時に、自分で身を守るポーズなどをゲームも交えながら実施しました。

みずがくるぞ!の紙芝居では、虫や生き物が地震発生時にどのような行動を取ったのかを確認し、身を守る「だんごむしのポーズ」を実施。強いダンゴムシになれるよう、ひざ・ひじを地面につけ、手はおわんのように丸くし頭の後ろにおきます。静大生のお兄さんお姉さんと一緒にポーズのおさらいをしました。その後は、じしんだんごむし体操の曲にあわせ踊りました。

他にも地震の際、机の下に逃げ込むサルのポーズや火事の時の逃げ方などを実施。
3つのポーズを交えた、ゲームも行ないました。

「はなちゃんのはやあるき はやあるき」 絵本の読み聞かせで終了です。
子ども達と一緒に楽しい時間を過ごしました。

ページの先頭へ

静岡のチカラ

ページの先頭へ

ページの先頭へ