番組ブログ|あさひテレビCSR「静岡のチカラ」|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > あさひテレビCSR 静岡のチカラ > 番組ブログ > 2017年10月 > 10月14日(土)放送 清水西河内小の闘茶会とお茶のやまよ

あさひテレビCSR 静岡のチカラ

あさひテレビCSR 静岡を元気に…子供たちの未来のために…「「静岡のチカラ」プロジェクト

  • ■インデックスに掲出するテキスト10月14日(土)放送の静岡のチカラは、「清水西河内小の闘茶会とお茶のやまよ」をお送りします。
    清水西河内小学校の5年生は地域の環境を調べてゆく中で綺麗な水と豊かな自然があることを知りました。
    この環境の良さで育まれているものが特産のお茶と知り、いつも飲んでいるお茶をもっと知りたい、となりました。
  • ■月別に掲出するテキスト10月14日(土)放送の静岡のチカラは、「清水西河内小の闘茶会とお茶のやまよ」をお送りします。
    清水西河内小学校の5年生は地域の環境を調べてゆく中で綺麗な水と豊かな自然があることを知りました。
    ​この環境の良さで育まれているものが特産のお茶と知り、いつも飲んでいるお茶をもっと知りたい、となりました。
  • ■他ページに掲出する画像

10月14日(土)放送 清水西河内小の闘茶会とお茶のやまよ

2017年10月13日(金)

10月14日(土)放送の静岡のチカラは、「清水西河内小の闘茶会とお茶のやまよ」をお送りします。
清水西河内小学校の5年生は地域の環境を調べてゆく中で綺麗な水と豊かな自然があることを知りました。
​この環境の良さで育まれているものが特産のお茶と知り、いつも飲んでいるお茶をもっと知りたい、となりました。
そこで地域のお茶屋さんに試飲会をお願いしてみたところ、クイズ形式の「闘茶会」の開催となりました。
地域で作られているお茶がこんなにもバリエーションがあることや、普段飲んでいないお茶も味わってもらう事もこの会のねらい。
さて、子供たちの反応は?

静岡市清水区興津川上流の西河内地区、自然豊かな場所です。

清水西河内小学校のシンボル、メタセコイア

今回は5種類のお茶が出題されました。
「手摘み浅蒸し煎茶」「深蒸し煎茶」「ほうじ茶」「抹茶入り玄米茶」「和紅茶」

通常の「闘茶」では煎茶(玉露など)のみで産地がばらばらですが、今回は同じ地域で作られたお茶で加工法を変えたもの。
まずは茶葉の色や香りをみます。

地域で作られているお茶がこんなにもバリエーションがあることや、
普段飲んでいないお茶も味わってもらう事もこの会のねらいです。

地域のお茶屋「やまよ」の代表山崎さん。
出題されたお茶はすべてここ西河内で作られたものです。

やまよさんの茶畑、静岡市の清水区と葵区の境に位置します。
手の空いている日はほぼ毎日茶畑に足を運ぶそうです。

静岡のチカラ
毎週土曜16:25~放送

ページの先頭へ

静岡のチカラ

ページの先頭へ

ページの先頭へ