静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > ガーデニングでは要注意!? 知っていて損はない、「なるほど健康塾」で紹介した、気になる有毒植物の情報をお届けします

とびっきり!あさひテレビコラム

ガーデニングでは要注意!? 知っていて損はない、「なるほど健康塾」で紹介した、気になる有毒植物の情報をお届けします

2018-05-21

ガーデニングでは要注意!? 知っていて損はない、「なるほど健康塾」で紹介した、気になる有毒植物の情報をお届けします

paper web

健康に関する情報を教えてくれる「なるほど健康塾」。今回は、いつもとちょっと変わった「有毒植物」についてお勉強しました。間違えて口にしないように、気をつけたいですね。

ガーデニングと家庭菜園は一緒にしないで!

今回のテーマは【食べると危険!身近な有毒植物】。正直、そんなむやみに外に植わっているものを採って食べたりはしませんよね・・・。でも、実際に4月頃から有毒植物による食中毒が、全国的にも増えているそうなんです。ということで、今回はちょっと真面目な内容になりますが(いつも真面目ですけど)、注意喚起ということで、コーナーでのポイントをお伝えしていきます。

以前のジャージ姿から、ドクターが着るような医療用シャツに衣替えをしている村田アナウンサー。思わず、「今からオペですか?」と聞いてしまいそうな似合いっぷりです。

今回、村田アナウンサーと一緒に解説してくださったのは、静岡県健康福祉部 生活衛生局の岩佐浩行さん。実際に間違いやすい例を挙げながら、わかりやすく教えてくれました

まず最初に紹介したのは、「スイセン」。可憐な花に春を感じますよね。「スイセン」は葉がニラに似ているので、間違って食べてしまうケースが多いそうです。

セットの黒板にはスイセンの写真が掲示されています。「ニラだけじゃない」というのは、球根をニンニクと間違えることもあるから、だそうです

こちらは本物のスイセン。ニラやニンニクには、ネギ科特有の強い匂いがするので、怪しいなと思ったら、匂いをかいでみるといいんですね

先ほどの黒板に、「ギョウジャニンニク」の写真もありますが、これと間違いやすく、しかも「イヌサフラン」は猛毒で、過去に死亡例も報告されているそうです。見分けるポイントは強いニンニク臭があるかないか、です。

「ギョウジャニンニク」の話題で、「食べたことないわ〜」「こだわりのお店に行けば、料理に使われていそう」などと、しばし盛り上がる出演者。でも、話を聞く目は真剣そのものでしたよ

ともかく、対策としては、野菜と観賞用の園芸植物を一緒に栽培しないこと。そして食用かどうか確実に判断できない時は、“採らない”、“食べない”、“人にあげない”。これを覚えておきましょう。

野菜や果実にも、要注意のものがあるんです

さて、もっと身近なところでは、普通によく食べる野菜や果実の中にも、食中毒を起こす危険性があるそうです。その代表例が、ジャガイモ。芽や緑色の部分は必ず取り除いて調理しましょう。

そして、未熟な梅の実。これも実や種の中心部分に毒があるので、食べないように。

そして、この日、スタジオには、こんなきれいなお花がありました。

華やかなアジサイです。この日は、別のコーナーで母の日におすすめのギフトを紹介していたので、そのひとつ。このきれいなアジサイも、要注意、なんです

アジサイにも毒があるので、料理の盛りつけなどに使わないように、とのこと。

この3つは、村田アナウンサーが持つパネルにまとめてあります。ジャガイモはよく料理に使いますよね

みなさん、気をつけましょう。

ところで、この「なるほど健康塾」の黒板、毎回、上手な絵が描かれています。これはスタッフが描いたもの。思わず「すごい!」と声を上げてしまうほどの腕前です。

スイセンの花やアジサイの葉の質感、リアルですね。黒板にチョーク、ですよ。やっぱり、すごい!

これから「なるほど健康塾」を見る時には、黒板にも注目してくださいね。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週月曜日の更新です。

ではまた、来週!

「とびっきり!しずおか」のツイッター

ページトップへ