静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > 女性にも嬉しい栄養素がたっぷり! いろいろな飲み方で楽しめる甘酒を、宮﨑アナウンサーが紹介してくれました

とびっきり!あさひテレビコラム

女性にも嬉しい栄養素がたっぷり! いろいろな飲み方で楽しめる甘酒を、宮﨑アナウンサーが紹介してくれました

2018-03-19

女性にも嬉しい栄養素がたっぷり! いろいろな飲み方で楽しめる甘酒を、宮﨑アナウンサーが紹介してくれました

paper web

1月から、宮﨑アナウンサーが担当している「とびっきり!いいモノ見つけ隊」。今回の“いいモノ”は、静岡の酒蔵の酒粕を使った甘酒。美味しくてヘルシーで、女性におすすめの飲み物でした。

宮﨑アナウンサーが今、やりがいを感じているコーナーです

「とびっきり!いいモノ見つけ隊」は、県内で生産されている優れた商品を紹介するコーナー。昨年までは堺アナウンサーが担当していましたが、今年からは宮﨑アナウンサーが担当しています。生産者の元に訪れて取材をして、その商品をスタジオで紹介できることに、とてもやりがいを感じるそうです。

「商品が作られている場所に行って、作っている人に会って、その商品を紹介するおもしろさと、自分でも欲しくなるほど納得して紹介できるやりがいを感じています。そのものに込められた作り手の思いや、どれくらい手間をかけて作っているのか、などもわかりますし」

宮﨑アナウンサーが、現在『とびっきり!しずおか』で担当しているのは、このコーナーとイベント会場などからの生中継。先日は、物産展の会場からの中継もありました。

「今年に入って、なんだか食べ物のリポートをすることが多くなった気がしますね」と、宮﨑アナウンサー。「とびっきり!いいモノ見つけ隊」は2回目の登場ですが、前回は「干しいも」の紹介、そして、今回は「甘酒」。食レポの機会が増えたことで、どんなことに気を配っているのでしょう。

「事前にお店の方から、いろいろな話を聞くように心がけています。素材のこととか、こだわりとか。そうすると、ひとくち食べた時に、“ああ、なるほど!”って納得できるんですよね」

今回の甘酒も、しっかり試飲してきたそうです。プライベートでもよく飲むんですか?

紹介したのは、ヴィノスやまざきが製造している「蔵のあまざけ」。県内の日本酒「開運」「臥龍梅」「正雪」の純米吟醸の酒粕を使った甘酒の3本セットです

「飲みます。そのままだったり、豆乳で割ったり。夏は米麹のものを冷たいまま、冬は酒粕で作った温かい甘酒がいいですね」

宮﨑アナウンサーと一緒に甘酒の解説をしてくださったのは、ヴィノスやまざきの片山彬さん。話を聞いていると、すぐにでも甘酒を飲みたくなります

『とびっきり!しずおか』出演者も、甘酒を日常的に飲む派が意外と多くて、どんな時に、どんな風に飲むのかという話に花が咲いていました。そこで、ちょっと聞き耳を・・・。

本番前のおなじみといえば橋本アナウンサーの撮影シーン。こちらもツイッターにアップされていますよ

甘酒のイメージはお正月? いいえ、一年中楽しめます

出演者の中で、一番甘酒を飲んでいるのが、大沼さん。最近は市販のものも種類が増えて、特にお気に入りのものはまとめ買いをして、常備しているそうです。

「冬の寒い日に外から帰って暖まりたい時に飲んだり。風呂上がりに甘酒を飲んでから寝ると、体が冷えなくていいんだよ。夏は冷たいままで。元気が出るっていうからね」

リハーサルが終わった後、スタジオではしばし大沼さんの話に耳を傾ける橋本アナウンサー。どんな時に飲むのかなど、興味津々に質問していました

広瀬アナウンサーは、自宅でよく作るそうです。

「今日紹介しているような酒粕の甘酒も飲むし、米麹の甘酒も飲みますね。でも、甘酒と聞いて一番に思い出すのは、初詣の神社で飲むもの。おめでたいイメージがありますね」

今週も、「womo」の本杉編集長がスタジオに。やっぱり、お正月の初詣では、甘酒を買って飲むそうです。

おふたりとも、いつもハツラツとしているのは、甘酒のパワーかもしれませんね

一方、あまり飲まない派は、橋本アナウンサー。

「お祭りの屋台とかで売っていると買って飲みますよ。でも、家ではあんまり。甘酒より、お酒を飲んじゃう(笑)」

本番では甘酒が入るワイングラスを片手に。やっぱりお酒の方が似合いそう!? ちなみに、甘酒と同じ成分が含まれている日本酒も飲むそうですよ

宮﨑アナウンサーと一緒に商品を紹介してくれたヴィノスやまざきの片山彬さんは、womo世代にも甘酒はおすすめしたいとおっしゃっていました。

酒粕から作った甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど栄養素が豊富なのだそうです。なかでも、酒粕や日本酒には「α-EG」という成分が含まれていて、これは1日に甘酒を1〜2杯を2週間の飲み続けることで、コラーゲンを作り出す細胞に働きかけて、増殖を促進する効果が期待できるという研究結果もあるそうです。

つまり、甘酒を飲み続けることで、美容効果も期待できるということですね!

コーナーで紹介した、酒粕と米麹の甘酒の成分比較がこちら。酒粕の方が食物繊維も多いんですね

「酒粕から甘酒を作る時には砂糖を加えますが、「蔵のあまざけ」はきび糖と希少糖を使っています。カロリーが控えめで、ヘルシーなんですよ」(片山さん)

冷蔵庫で冷やして、レンジやお鍋で温めて、炭酸水で割ってスパークリングカクテル風にと、飲み方によって、いろいろな味で楽しめそうです。

この気になる「蔵のあまざけ」は、あさひテレビのホームページ内、「WEB SHOP」でも紹介・販売しています。興味のある方は、ぜひ覗いてみてくださいね。

宮﨑アナウンサー、これからも素敵な“いいモノ”、紹介してくださいね。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週月曜日の更新です。

ではまた、来週!

「とびっきり!しずおか」のツイッター

ページの先頭へ