静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > 新コーナーが好評発進! 佐野アナウンサーの新たな魅力を発見できる、“佐野ベンチャー”「笑顔が見たい!!」

とびっきり!あさひテレビコラム

新コーナーが好評発進! 佐野アナウンサーの新たな魅力を発見できる、“佐野ベンチャー”「笑顔が見たい!!」

2018-01-29

新コーナーが好評発進! 佐野アナウンサーの新たな魅力を発見できる、“佐野ベンチャー”「笑顔が見たい!!」

paper web

今年で入社3年目を迎える佐野アナウンサー。2018年のスタートとともに、『とびっきり!しずおか』で新コーナーを担当することに。初回ロケで感じたことなどを伺ってきました。

初めての一人歩きコーナーは、緊張のスタート!

佐野アナウンサーが担当することになったのは、毎週木曜日の「笑顔が見たい!!」。県内の各地に出かけて、出会った人たちの素敵なお話、笑顔をお伝えしていく、という内容です。

第2回目の放送では、静岡市・平山地区を訪れた様子を紹介しました。里山の暮らしを楽しんでいる家族と出会いました

この企画の話が来た時は、どんな気持ちだったのでしょうか。

「“私でいいの?”というのが素直な感想です。『サタ★ハピ!しずおか』では、ロケに出るコーナーもあるけど、『とびっきり!しずおか』で、しかも、ひとりで行くロケは初めて。もう、どうしよう・・・、って思いました」

このコーナー、テレビを見ていると、佐野アナウンサーと一緒にぶらぶら歩きながら、いろいろな人と出会った気分になれるというところが魅力です。

「出会いを求めていくので受け身ではダメなんですよね。台本がないので、話しかける人や、どこで立ち止まるかは、歩きながら見つけます。ディレクターさんからは、“佐野ちゃんの感性で、気になるところで立ち止まっていいよ”って言われています。でも、自分の感性がこのコーナーに合っているのか、まずそれが不安で・・・」

こちらが、“チーム佐野ベンチャー”。佐野アナウンサーをはさんで、来村ディレクター(左)と、海野ディレクター(右)です。感性、大丈夫ですよね、合ってますよね・・・

そんなことで、初めてのロケでは、すごくおどおどしていたそうです。

「VTRを見たら、ディレクターさんに視線を送って、“どうしたらいいの!?”って訴えている自分がいて。後から、とっても反省しました」

なんだか、初回ロケでは苦労してしまったようです。でも、もちろん、楽しかったこともあるんですよね。

「はい。たくさんの人と出会えたことが楽しかったです。打合せ通りではないということで、ワクワク感もありましたし。そして、これからは、もう少し私自身が素で楽しみたいなと感じました。でないと、ロケで出会った方もかしこまっちゃうと思うんです。出会う方との距離を、もっと縮めていけるように、がんばります!」

VTRを見る出演者も、自然と笑顔になるようですね。次はどの地区に出かけるのでしょうか。楽しみです

本当は人見知り!? 佐野アナウンサーの素顔って?

初回のロケの後、先輩の森アナウンサーや赤間アナウンサーから、「新コーナー、どうだった?」と、声をかけられた佐野アナウンサー。話を聞き出す加減がわからないと相談したら、心強いアドバイスをもらえたそうです。

「森さんが、“いつもの佐野ちゃんでいいんじゃないの?”って言ってくれたんです。でも、それが意外と難しい。いつもの佐野ちゃんって、どれ?”、みたいな(笑)」

テレビを通して見る佐野アナウンサーは、すごくしっかりした女性、という印象です。でも、普段は、もっと気さくな感じ。そうした素顔をテレビでも見たいです。

「ですよね〜。これがなかなかできない。普段人と話すのはすごく好きで、社内でも、たぶん誰か見かけたら駆け寄っていく勢いで話しかけるんですけど。アナウンサーの仕事として、原稿をきちんと読むことも、もちろん難しいんですけど、初対面の相手とのやりとりも、やっぱり難しいですね。私、本当は人見知りなのかな(笑)」

本番でコメントを差し挟むところはほとんどないけれど、ここはちゃんと伝えたい!という部分は、赤丸でしっかり囲んでチェックしていました

台本をチェックした後は、読みのおさらい。真面目でしっかり者の一面を見せる佐野アナウンサーです

人見知りとは違うと思います!(笑) たぶん、まだ慣れていないだけだと思います。ディレクターさんも、いい意味で佐野アナウンサーのイメージを壊したいと考えているそうです。

来村ディレクターのコメント:「佐野さんには、おもしろく感じたこと、不思議に思ったことなど、いろいろなことに興味を持って欲しいですね。笑顔に会いにいくというのがテーマですが、ユニークな人に触れて、ガイドブックには載らない、その土地や、そこに暮らす人たちの魅力を、自分の肌で感じてリポートして欲しい。そうした中で、地域の特産だけでなく、暮らしの中で身近にあるけど知らなかった、その土地の風習とかも見つけ出していきたいんです」

海野ディレクターコメント:「まだ始まったばかりのコーナーなので、手探りのおっかなびっくりって感じですが、これからは佐野ちゃんらしい、元気で明るい素顔をどんどん引き出していきますよ。お楽しみに!」

このおふたりが、毎回、台本なしのロケで、佐野アナウンサーの魅力を引き出します。毎週木曜日、お見逃しなく!

今年40周年を迎えたあさひテレビのキャッチフレーズは、「テレベンチャー!」。そして、佐野アナウンサーのコーナーにも、実は「佐野ベンチャー」という、隠れサブタイトルが付いています。佐野アナウンサーの新たな魅力を発掘して、地域の方の笑顔に出会えるこのコーナーも、ワクワクがいっぱい詰まっていそうです。「笑顔が見たい!!」の最終目標は?

「静岡県の35市町全部に行く!です。素敵な笑顔を探しに行くコーナーなので、まずは、登場する人たちの素敵な笑顔を見てほしい。笑顔が素敵な人たちには、素敵なお話があるんです。素敵な家族がいるんです。それを聞いて、見て、私も取材をしていて、幸せな気持ちになれます。そして、テレビを見ている人たちも笑顔になるような、素敵な人たちに、たくさん出会いたいです」

「出会った人たちに、自然に声をかけられるようになりたい! みなさん、温かく見守っていてくださいね」

水曜日の「お手軽アイデアクッキング」、そして木曜日の「笑顔が見たい!!」。担当するコーナーが増えて、アナウンサー3年目は、どんな年にしたいですか?

「自分らしさを見つけたいな。新たな仕事にチャレンジして、私らしさを出したい。それぞれのコーナーで、私が担当する意味を見つけていけたらと思っています。自分を出し過ぎる必要はないけど、視聴者の方々にも、佐野はこんな子だよねって、もっと知ってほしいですね」

佐野アナウンサー、ありがとうございました。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週月曜日の更新です。

ではまた、来週!

「とびっきり!しずおか」のツイッター

ページトップへ