静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > 木曜日の気になるセットのあのコーナー。気になるトピックをピックアップしてみました

とびっきり!あさひテレビコラム

木曜日の気になるセットのあのコーナー。気になるトピックをピックアップしてみました

2017-09-04

木曜日の気になるセットのあのコーナー。気になるトピックをピックアップしてみました

paper web

今回は、『とびっきり!しずおか』のユニークなセットのコーナーで、ちょっと気になるテーマが! それは、健康にまつわる話題を取り上げる、あのコーナーからです。

健康に関する情報コーナーから。テーマは耳かき

以前に、『とびっきり!しずおか』の中でも、セットが気になるとご紹介をしたコーナー。それは、木曜日の「元気一番 なるほど健康塾」です。毎回、医師や専門家をお招きして、健康に関するテーマで情報をお届けしています。

先日放送されたテーマは、耳かきについて。耳かきって、他の人たちはどうしているのか、なかなか質問しづらい話題ですよね。いつするのがいいのか、何回するのがいいのか。

そんな疑問も、今回すっきり解消できてしまいました!

と、今回の「元気一番 なるほど健康塾」は、いつもとちょっと違うようです。

村田アナウンサーが欠席!? ということは、本日の進行は誰が?

実はこの日、いつも進行を担当している村田アナウンサーがお休み。ということで、ピンチヒッターは、出原アナウンサーでした。テーマは、「常識が変わる!? 耳かきの真実」。スタジオにお招きしたのは、ほんまファミリークリニック 耳鼻咽喉科の本間博臣院長です。

出原アナウンサー、あの、えんじ色のジャージは着ないのですね・・・

まず、出演者に耳かきの頻度について聞いてみました。大沼さんは、気づいたときに月2回くらい、綿棒か耳かきで。森アナウンサーは、毎日お風呂上がりに、マッサージ感覚で綿棒を使って。出原アナウンサーも、やはりお風呂上がりに毎日、とのこと。

コーナーでは、こんな内容を先生に質問しました。果たしてそのお答えは・・・?

まずは、耳かきの理想的な回数。これがなんと、0回なのだそうです。どういうことですか、本間先生?

「耳の入り口から鼓膜までを外耳道といいますが、本来、耳の皮膚は外側に向かってゆっくりと移動しているので、耳垢もしぜんに外に排出されるものなんですよ」

そのため、もし耳掃除をするにしても、耳の入り口を綿棒でふき取る程度でいいそうです。これは、“目から鱗”です。

「いいえ、耳から耳垢、ですよ!」

受け答えもユニークな本間先生が手にしているのは、大きな綿棒。みなさん、耳かきによく使われますよね。実はこの綿棒が・・・!?

次々に明かされる、耳かきの真実とは!?

続いて、衝撃の真実が明かされます。耳掃除、一番多いのが、お風呂上がりにするという人だと思うのですが・・・。

「実は、お風呂上がりやプール後は、もっとも耳かきをしてはいけないタイミングなのです」

耳の中が湿気でふやけていると、皮膚が傷つきやすく、外耳炎を起こす危険もあるそうです。そして、綿棒を使うことで、耳垢を奥に押し込んでしまうこともあるとのこと。気をつけたいポイントですね。

大沼さんも森アナウンサーも、本間先生の意外な(?)お話に驚きの様子

もし、お風呂やプールで、耳にお湯や水が入ってしまったら、どうすればいいのでしょうか。

「耳の中に入った水は、自然と外に出たり、蒸発してしまうものなんです。でも、2~3日経っても水が抜けないようなら、耳鼻科を受診してください」

とはいえ、時々、耳の中でかさかさ音がすることがありませんか? そんなときはつい、耳かきをしたくなってしまうのですが・・・。

「そんなときは、やはり耳鼻科でクリーニングしてもらえば、安心ですね」

今回、この現場を取材できてよかったな、と思いました。もちろん、テレビの放送では、もっと詳しく解説してくれますよ。

「僕なんか、毎日の日課なのに。本当に0回でいいんですか!?」と、最後まで驚きを隠せない出原アナウンサーでした

このコーナーでは、毎回このように、年代を問わず知っておいた方がいい健康に関する知識を、楽しく、分かりやすく伝えてくれます。

ところで出原アナウンサー、今回のピンチヒッターはいかがでしたか?

「いつもは、生徒として座っていますけど、いや~、たまには先生役も悪くないなと思いましたね」

出原アナウンサーの先生役、次はいつ、お目にかかれるでしょうか

出原アナウンサー、お疲れさまでした。本間先生、お話ありがとうございました。

これからも、各コーナーで取り上げた、気になる話題をご紹介していきますね。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週月曜日の更新です。

ではまた、来週!

ページの先頭へ