静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > お天気キャスター浅田麻実さんの個性が垣間見えるものがあります。お天気コーナーで注目してみてくださいね

とびっきり!あさひテレビコラム

お天気キャスター浅田麻実さんの個性が垣間見えるものがあります。お天気コーナーで注目してみてくださいね

2017-08-28

お天気キャスター浅田麻実さんの個性が垣間見えるものがあります。お天気コーナーで注目してみてくださいね

paper web

前回に引きつづき、『とびっきり!しずおか』のお天気キャスター、気象予報士の浅田さんにお話を伺いました。今年の4月から毎日登場する“アレ”もご紹介します。

気象予報士2年目で、ある偉業を達成した浅田さん

前回ご紹介した中に、気象予報士によって注目するポイントが変わるので、お天気コーナーの内容も変わるというお話しがありました。

単純に晴れや雨といった天気予報や、予想気温などの情報は同じでも、お天気コーナーの中での話題は、そのお天気を伝えている気象予報士によってさまざまです。ちなみに浅田さんは、決められた時間の中で、一番伝えたいことが簡潔に伝わるように、話題はひとつに絞って、より深く伝えるようにしているとのことでした。

お天気コーナーの本編では、パネルに映し出された天気図などをきっちりと解説してくれます

テレビやラジオなどのメディアで活躍している気象予報士は大勢います。そんななか、浅田さんはある偉業を達成していたそうです。

「今年の2月に投票があったのですが、『気象予報士人気ランキング2016』にエントリーしました」

エントリーしただけでなく、なんと! 女性部門で第1位、総合でも第3位という結果に。おめでとうございます。

「本当は、たくさんの諸先輩方と一緒にエントリーできただけでも光栄なのに、女性部門で第1位なんて、恐れ多いことでした」

それだけ、視聴者に応援されているということですね。

コーナーで登場するスケッチブックには、浅田さん自身が描いたイラストで、わかりやすくお天気を表現しています

気象予報士人気ランキングの入賞の喜びコメントが、こちらのサイトで紹介されています。http://yohosi.ranking-japan.top/winner.html

仕事に対する浅田さんの思いが、より詳しく語られています。ぜひ読んでみてくださいね。

そして、この写真の中のあるものについては、このあとご紹介!

3年目のお天気コーナーでは、新たな挑戦もスタート

『とびっきり!しずおか』でお天気コーナーを担当するようになって最初の2年間は、アナウンサーと一緒に、掛け合いスタイルでお天気を伝えていましたが、浅田さんが3年目の春、番組のリニューアルに伴って、お天気コーナーにも変化がありました。

「それまでは、番組終盤で翌日の天気予報を中心に伝えていたのですが、4月からは、1分でその日、その時のお天気も紹介するコーナーが、番組冒頭にできたんです。スタートした頃はちょうど桜が見頃の時期。いろいろなところから中継でお伝えしていました」

その時から登場しているのが、スケッチブック。翌日のお天気のポイントをひと言でまとめて、浅田さん自身がイラストまで描いています。

1分お天気の時は、この緑色のボードの前に立ってしゃべります。これは「クロマキー」といって、この緑の部分にお天気カメラで映している外の様子を合成します

スケッチブックを描くのはお昼頃。たいてい30分くらいで描き上げるそうです。でも、毎日となるとなかなか大変ではないですか?

「たぶん、3年目に入って少し余裕が出てきたからチャレンジできたことだと思います。今では、『とびっきり!しずおか』の本番中に、3回登場するんですよ」

3回というのは、番組の最初で「1分お天気」、お天気コーナー直前のCMに入る時にひと言、そして、お天気コーナーの本編です。

「コーナーが増えたというよりは、すべてが一新された感じでした。もし1年目の途中でこの状態になったら、きっとパンクしていたと思います」

そこで一緒に登場し始めたスケッチブックは、すでに4冊を使い切り、5冊目に突入しています。

このスケッチブックも、『とびっきり!しずおか』のお天気コーナーの歴史になっていくんですね。浅田さんにとっても感慨深いもののようです

「1分お天気のなかで、なにかやりたいことはある? と番組スタッフに聞かれて、私の思いを手描きで伝えたいと思ったんです。とにかく1分なので、ここでは情報を詰め込みすぎないように気をつけています。こんなことを後からしゃべりますよという、あくまでも予告的なコーナーでしょうか」

これまでに描いてきたなかで、お気に入りを2つ選んでもらいました。

イラストの細かなところまで工夫されていて、浅田さんらしさが出ていると思いますが、どうでしょうか

お天気を伝える気象予報士が工夫している、こうした点に注目しながらお天気コーナーを見ると、天気予報も印象に残るし、難しそうに思える天気図も、楽しい“未来予想図”に見えてきますね。

浅田さん、ありがとうございました。これからもフレッシュで魅力ある気象予報士として、わかりやすいお天気コーナーを作ってくださいね。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週月曜日の更新です。

ではまた、来週!

ページの先頭へ