静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > 前回に引き続き、スルガ銀行温泉部長・井伊湯種さんに聞いた、夏のおすすめ温泉情報です

とびっきり!あさひテレビコラム

前回に引き続き、スルガ銀行温泉部長・井伊湯種さんに聞いた、夏のおすすめ温泉情報です

2017-08-14

前回に引き続き、スルガ銀行温泉部長・井伊湯種さんに聞いた、夏のおすすめ温泉情報です

paper web

『とびっきり!しずおか』で、毎週金曜日に放送している「知りたい!パネルSHOW」。前回に引き続き、このコーナーで取り上げた、夏におすすめの海辺の温泉をご紹介します。

井伊湯種さんのタオルは、おすすめの太鼓判です!

40回目を迎えた「知りたい!パネルSHOW」のゲストで登場したのは、スルガ銀行の温泉部長、井伊湯種(いいゆだね)さん。

湯種さんは、平日は銀行マンとしてお勤め、週末は温泉取材に出かけて、おすすめの温泉やその周辺のグルメ情報を、ホームページにアップしています。

テレビ出演の際に必ず手にしているこのタオルは、今治製のオリジナル。ふんわりとした手触りですよ

取材の時は、2日間で8〜10か所ほどめぐるそうで、「とてもゆっくり浸かる余裕はないんですよ」とのこと。ホームページに情報をアップしたときには、オリジナルの井伊湯種タオルを、お礼状と一緒に温泉施設や飲食店に送るのだそうです。目に付くところに、このタオルを掲示している温泉や食堂もあるそうです。見かけたら、「湯種さんのお墨付きだ」と思ってくださいね。

タオルにも書いてありますが、湯種さんの温泉レポート「井伊部長の温泉グルメ探訪」では、静岡の温泉を毎週レポートしています

では、前回の続き。海と相性がいい夏の温泉について、続きをご紹介します。

こちらが今回の「知りたい!パネルSHOW」の6つのキーワードでした。1と2については前回のコラムでご紹介しました

「知りたい!その3」のキーワードは、【波しぶき】。これは、波しぶきがかかるほどの波打ち際にある、東伊豆町 北川温泉にある「黒根岩風呂温泉」のことなのですが、キャッチコピーは、 “アメリカを見ながら・・・”。

もちろん、本当にアメリカが見えるわけではありません。湯種さん、これはどういうことなんでしょうか。

「伊豆のハワイといわれる、伊豆大島がよく見えるんですよ。そして、その海の向こうには、本物のハワイもありますし。ちなみにこの露天風呂は、男女混浴です。」

でも、女性のみなさん、ご安心くださいね。3つある湯船のうち、円形の湯船は終日女性専用、19時〜21時はすべての湯船が女性専用になるそうです。

ここからは、少しユニークな温泉が登場しますよ

4つめのキーワードは、【浴槽が“あれ”】。“あれ”って、いったい、なんでしょう?

“あれ”とは、船。そう、浴槽が本物の舟でできているんです。前回、海と温泉は成分が似ているため相性がいいということを、湯種さんに教えてもらいましたが、まさに“海水浴と温泉”を同時に楽しめてしまうんです。砂浜にある舟は、温泉の浴槽なんですね。

松崎町 岩地海岸の「ダジュール岩地」は、なんと、源泉掛け流しだそうです。そして、土肥海水浴場にある「土肥温泉丸」、河津町の今井浜海岸にある「船上温泉ろてん風呂」が紹介されました。大沼さんは、「このまま海に漕ぎだしたいね〜」と、コメントされていました。温泉に浸かりながらのクルージング、気持ちよさそうですね。

“あれ”の正体が分かった瞬間の、出演者のこの驚きの表情。広瀬アナウンサー、驚き過ぎじゃないですか・・・?

舟温泉の魅力は、どんなところにあるのでしょうか。またまた、湯種さんに聞きました。

「水風呂は体にいんです。温泉に浸かるときも、温、冷、温と、交互に浸かるといいんですよ。ビーチに温泉があれば交互につかれます。しかも、海水は温泉と成分が似ているため、水に浸かるよりも、いいんです」

なるほど、納得です。これからは海水浴に行くときは、ビーチに温泉があるかどうかも、ビーチ選びのポイントになりそうです。

そして、5つめ。【まさかの・・・】。これは、 伊東市にある「陽気館」という温泉なのですが・・・。

館内にある温泉には、ある乗り物に乗って移動するのですが、それはなんと、登山電車!? エレベーターのように、自分でボタンを操作して動かすそうです。大人の湯種さんでも、楽しくてとてもわくわくするそうです。家族で出かければ、子どもも喜びますね。

最後は、【井伊湯種さん 夏のイチオシ!】。それは、堂ヶ島温泉の「アクーユ三四郎」です。

出演者が毎回一番楽しみしている温泉情報は、この湯種さんのイチオシかもしれないです。ちなみに、このバックの写真は湯船の温泉ですね

堂ヶ島にある三四郎島は、普段は海に浮かぶ島なのですが、引き潮の時には陸続きになって歩いて渡ることができます。この現象をトンボロというのですが、夏は特に潮が引きやすく、このトンボロが現れやすいそうです。

この海辺ならではの珍しい現象と温泉を一度に楽しめるという点が、湯種さんイチオシのポイントです。

どうですか、だんだんと海辺の温泉に行きたくなってきませんか?

出演者も湯種さんの話に興味津々。頭の中では、次のお休みのお出かけ予定を考えてたりして・・・

今回の放送で紹介した6つのキーワード。オープンしたパネルがこちらです

井伊湯種さんが紹介している温泉情報は、スルガ銀行のホームページの中で紹介しています。「井伊湯種」で検索してくださいね。

次回はどんな話題を取り上げてくれるのか、「知りたい!パネルSHOW」も、引き続き注目していきたいですね。

ページの先頭へ