静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > ニュースキャスターのおふたりの、写真撮影の現場に潜入!石田アナウンサーのプライベートのお話も聞くことができました

とびっきり!あさひテレビコラム

ニュースキャスターのおふたりの、写真撮影の現場に潜入!石田アナウンサーのプライベートのお話も聞くことができました

2017-05-08

ニュースキャスターのおふたりの、写真撮影の現場に潜入!石田アナウンサーのプライベートのお話も聞くことができました

paper web

先日、あさひテレビでは、各アナウンサーの写真撮影が行われていました。『とびっきり!しずおか』のスタジオでは、なかなかなお会いする機会がない、ニュースを担当する石田アナウンサーと赤間アナウンサーの撮影現場におじゃましてきました。

ニュース歴11年目の石田アナウンサーにインタビュー

この日撮影していたのは、あさひテレビのホームページやポスター、チラシなどに使われる、アナウンサーの写真です。夏の高校野球静岡大会に向けて、ユニフォーム姿の写真も撮影していました。

まずおじゃましたのは、ニュースを担当している、石田和外(かずと)アナウンサーの撮影現場。普段ニュースを読んでいる時よりも柔らかな表情が印象的でした。撮影の合間と、ニュースの本番前にお話を伺ってきました。

テレビでも見慣れているスーツ姿での撮影。でも、テレビカメラの前よりも、ちょっぴり緊張しているようにも見えました

石田アナウンサーは1992年の入社。womo世代からすると、とても頼れる優しい上司です。もともとスポーツの取材が多くて、入社5年目からは、金曜日の夜に放送されている『スポーツパラダイス』を11年担当していたそうです。

ユニフォーム姿も素敵です。応援している時は、高校球児のお父さんのような気持ちなのでしょうか

ニュースのキャスターになって今年で11年目。ニュースを伝える時には、ご自身でもしっかりと理解してから原稿を読むということを心がけているそうです。

「基本的にニュースでは、アナウンサーは原稿を読むことが仕事です。でも、なぜそれがニュースで取り上げられるのかという背景も含めて、自分の中に疑問点がなくなるまで、取材をした記者の人に“これはどういうこと?”と聞いています。自分でも納得して原稿を読むようにしているんです」

そして、石田アナウンサーと一緒にニュースを担当しているのがが、入社4年目の赤間優美子アナウンサー。1年目は『とびっきり!しずおか』のお天気コーナーやリポーターを務め、2年目からニュース担当になりました。この日は、ツーショット写真の撮影もありました。赤間アナウンサーに伺った話は、次回ご紹介します。

石田アナウンサーと赤間アナウンサーの撮影風景。まずは普通に正面を向いての撮影です

ヘアメイクさんに髪の毛を整え直してもらって、撮影続行。この後は、さまざまなポーズをとっていました

趣味はダッチオーブン料理。家庭では優しいお父さん

石田アナウンサーは、プライベートでは3人のお子さんを持つお父さん。家では、一緒に遊びたがるお子さんに付き合っているのが、一番楽しい時間だそうです。高校1年生の次女はサッカーが好きで、エスパルスの試合を一緒に観戦することもあるそうです。

「家族で、年に一回はキャンプに行きます。昨年は、息子と二人だけでのキャンプに初めて行きましたよ。ダッチオーブンは、15年以上前ですが、『スポーツパラダイス』で取材してはまって以来、レシピ本を見ながら、いろいろな料理に挑戦しています。最近よく作るのは、ローストポーク。あとはピラフみたいなベーコンライスというものとか。パエリアやブイヤベースにも作ってみたいですね」

本番前、デスクに向かって真剣な表情で原稿に目を通す石田アナウンサー。最終確認に余念がありません

かなり本格派ですね。そんな石田アナウンサーは、ニュース以外で、例えば『とびっきり!しずおか』で、自由にコーナーをやっていいよと言われたら、「やっぱり、アウトドアコーナーじゃないですかね」というお返事。では、ニュースキャスターとして、今年チャレンジしたいことは?

「なんですかね?改めて聞かれると困っちゃいますね(笑)。11年目なので、マンネリ打破、ですか。ニュースも、もう長いことやっているので、この一年でなにか新しいことを始められたらいいなとは思っています」

ニュースって難しいとか、つまらないと感じる人もいるかもしれません。ニュースを伝える立場として、“こんな風にすると、見方が変わる”といったアドバイスなどはあるのでしょうか。

「ニュースは生活に密着していなければいけないと考えています。みなさんの暮らしに身近なニュースが、必ずどこかにあるはずなので、そんなことを感じながら見てください。そして、見たものに対して、自分がどう思うか、どう感じたかということを大切にして欲しい。例えば県内や市内の政治の話題などでも、ニュースを見れば、もっと身近なこととして感じると思うんです。ニュースを伝えるアナウンサーは、立場的に自分の感想は言えません。だからこそ、みなさんには、自分が持つ感想を大切にして欲しいですね」

ニュースのスタジオで。『とびっきり!しずおか』のスタジオとは違って、シャープな印象ですね

『とびっきり!しずおか』県内ニュースは、月〜金の夕方6時15分からの放送です。

次回は、赤間優美子アナウンサーについてご紹介します。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週月曜日の更新です。

ではまた、来週!

ページの先頭へ