静岡朝日テレビホーム > とびっきり!あさひテレビコラム > 優しく見守ってくれるお父さんのような存在!?大沼さんにお話を聞きました

とびっきり!あさひテレビコラム

優しく見守ってくれるお父さんのような存在!?大沼さんにお話を聞きました

2017-04-14

優しく見守ってくれるお父さんのような存在!?大沼さんにお話を聞きました

paper web

『とびっきり!しずおか』の顔といえば、なんといっても大沼啓延(ひろのぶ)さんです。2004年から番組のMCを務めているそうです。今回は、大沼さんに番組への思いやちょっぴりプライベートなこと、そして、私たちwomo世代へのメッセージもいただいてきました。

大沼さんにとって13年目の『とびっきり!しずおか』。改めて今年度の抱負とは?

静岡市出身の大沼さんは、1950年生まれ。スポーツキャスターなどの経験を経て、『とびっきり!しずおか』の番組MCとなったそうです。

「僕は本当に静岡という土地が大好きなんですよ。海、山、川などの自然は豊富だし、食べ物も美味しいし。『とびっきり!しずおか』は、地元での初のレギュラー番組でした。オファーが来た時は、すごく嬉しかったことを覚えていますよ」

13年目の今年は特に、番組スタッフの若返りを感じているそうです。

「今年は特に、若手スタッフが増えたと実感しますね。僕はもともと最年長なんだけど、今までは座長として引っ張っていこうという感覚だったのが、今は一家のおじいちゃんが若い子に支えられながら、元気をもらっている感じかな。頼れる若い人たちに囲まれているということでしょうね」

この日のオープニング直前。お腹を引っ込める、そんな話題が出て、お腹を気にする大沼さん。そんな姿も素敵です

話の初めからご自分のことを“おじいちゃん”なんておっしゃる大沼さんですが、とてもそんな風には見えません。大沼さんの目は、いつでも好奇心でキラキラして輝いています。実は、テレビに出るようになってから、病気で休んだことは一度もないそうです。やっぱり健康は大事。健康だから番組もレギュラーも長く続くんですね。

番組で紹介していたお花見にあると便利なグッズに興味津々。ちなみにこれは、超音波でビールの泡をきれいに作ってくれる優れもの

健康の秘訣は、大好きな歌を歌うこと。番組が縁でボイストレーニングを受けて、その後CDを3枚もリリースしています。そして、夜時間がある時は、カラオケスナック巡りをして、楽しい時間を過ごすそうですよ。

この日は試食がありました。本番中でも豪快な食べっぷりです

そして、月に1回は「大沼が行く」というコーナーで取材に出かけるそうです。県内の様々な場所に出かけて行くのですが、人との出会いを大切にしたリポートが毎回好評です。大沼さんの人柄がテレビと通じて見られる、そんなコーナーなんです。

「今年はどんなコーナーにしようか、今はまだ考え中です。いずれにしても僕のやりたいことを実現していきたいですね。自由奔放に、思いついたことを。見ている人がそれを見て、やってみたいなとか、行ってみたいなって思ってもらえたら成功ですね」

リハーサルでのリラックスした表情。VTRを見ながら森アナウンサーと言葉を交わしています

MCを務めるアナウンサーは娘のような存在

では、一緒に番組MCを務めている橋本アナウンサーと森アナウンサーについて聞いてみます。大沼さんから見ると、お二人はどんな印象、存在なのでしょうか。

「もう、あの二人はテレビで見ているそのまま、ですよ。年上のありすちゃんの方が長女、森ちゃんは次女って感じだね」

橋本アナウンサーのことを親しみを込めて“ありすちゃん”と呼ぶ大沼さん。もちろん、テレビでは聞くことができない呼び方

「森ちゃんは関西出身だから、“どんとこいっ”ていう、肝っ玉かあさんみたい。度胸があって愛嬌もあるよ。本当に裏表がない、良い子たちですよ」

森アナウンサーは、火曜日に「森ちゃんGO」というコーナーを担当。大沼さんも毎回楽しみのようです

では、大沼さんにとって、『とびっきり!しずおか』とは?

「生活の一部です。もう13年目になるし。空気と一緒。なくてはならないものです。『とびっき!しずおか」にはいろいろなコーナーがあるけれど、何が起こる変わらない、生放送ならではのハプニングも楽しんでいます。まさに、視聴者と同じ目線で」

放送中のVTRのモニターを見ている時は、笑ったり考え込んだり。私たちがテレビを見ている時と同じような表情

最後に、womo世代の私たちに、こんなメッセージをいただきました。

「womo世代にとっては、僕はお父さんと同じくらいの年代じゃないかな。だから、『とびっきり!しずおか』を見る時は、僕のリアクションをぜひ参考にして。どんなところに興味を示して、何に喜ぶのか、なんて。それを親孝行のヒントにして欲しいよね。僕が行きたがるところに、お父さん、お母さんを連れて行ってあげるとか、ね」

こんなダンディなお父さんがいたら、友達に自慢したくなりますよね

とても気さくにお話をしてくれる大沼さん。テレビでの穏やかな表情や話し方と変わらず、質問にも一つひとつ丁寧に答えてくださいました。これから『とびっきり!しずおか』を見る時は、“心の中のお父さん”のような親しみが湧いてきそうです。

大沼さん、お話、どうもありがとうございました。

【womo編集部が潜入取材!とびっきり!あさひテレビコラム】は、毎週金曜日の更新です。

ではまた、来週!

ページの先頭へ