「にほん風景物語」川端康成が愛した伊豆~“伊豆の踊子”青春の天城路~|番組ライブラリ|番組|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > 番組ライブラリ > 2014年放送 > 「にほん風景物語」川端康成が愛した伊豆~“伊豆の踊子”青春の天城路~

「にほん風景物語」川端康成が愛した伊豆~“伊豆の踊子”青春の天城路~

「にほん風景物語」川端康成が愛した伊豆~“伊豆の踊子”青春の天城路~ 1月26日(日)ひる12:00~ BS朝日…2月4日(火)よる9時~

作家・山本一力が旅する「伊豆の踊子」

BS朝日がテレビ朝日系列各局と共同制作している旅番組「にほん風景物語」。
今回は、案内人であり、「伊豆の踊子」の作者・川端康成に強い思いを抱く作家・
山本一力が、川端文学の出発点ともいえる「伊豆の踊子」の美しい風景を求め、
中伊豆~下田を旅します。日本情緒あふれる美を追求し、日本人初のノーベル文学賞
作家となった川端康成。その美意識の原点を伊豆の原風景に見つけます。

BS朝日「にほん風景物語」
毎週火曜よる9:00~9:54放送
http://www.bs-asahi.co.jp/fukeimonogatari/

≪旅人≫ 山本一力  やまもと・いちりき(作家)写真:山本一力

高知県出身 1948年2月18日生まれ

作家。14歳の時に上京。新聞配達をしながら都立工業高校に通い、通信機輸出会社、大手旅行会社、コピーライターなど10数回の転職を経て、46歳のとき、事業の失敗で作った2億の借金を返済するために作家になることを決意。1997年に『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞。『あかね空』で第126回直木賞を受賞。 日本語の美しさを追及しながら、仕事・義理・人情・愛憎をテーマに描く、人気時代小説家。 自転車愛好家としても知られ、外出時は一家で自転車を用いる。 テレビのコメンテーターとしても活動中。

【代表作】
○『蒼龍』 1997年 オール讀物新人賞 受賞 
○『あかね空』 2002年 第126回 直木賞 受賞 ほか

ページの先頭へ

ページの先頭へ