徹底検証!巨大地震 静岡を襲う震度7の揺れ|番組ライブラリ|番組|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > 番組ライブラリ > 2013年放送 > 徹底検証!巨大地震 静岡を襲う震度7の揺れ

徹底検証!巨大地震 静岡を襲う震度7の揺れ

徹底検証!巨大地震 静岡を襲う震度7の揺れ 2月9日(土)午後4:30~放送

大反響!静岡を襲う巨大地震 第2弾!「震度7の揺れに襲われる地域」「液状化危険地域」「巨大津波の影響」私たちが住んでいる静岡県がどうなるのか地域別に徹底検証!今、衝撃の真実が明らかになる!

2011年12月に放送し大反響を呼んだ、静岡を襲う巨大地震を検証した番組の第2弾。東日本大震災は、震源域が岩手県沖から茨城県沖まで広範囲にわたったことでM9.0の巨大地震となり、大津波による大災害が引き起こされた。今回放送する第2弾では、主に“揺れ”に注目する。東日本大震災では揺れによる被害が少なかったが阪神・淡路大震災では死者の大半が揺れによる家屋の倒壊によるものだった。 南海トラフ巨大地震の震源域が陸側に入る静岡県は、東日本大震災のような津波と阪神・淡路大震災のような揺れが襲うという。軟弱地盤が多い沿岸部地域では液状化現象による被害も懸念され、その被害の甚大さは計り知れない。

液状化現象によって建物はどうなるのか、浜岡原発の揺れへの対策は?広範囲に想定される“震度7”とはいったいどのような破壊力を持つのか、なぜ静岡県の被害想定が突出しているのか、新たな津波想定浸水域を含め徹底検証する。

スタジオゲスト・古村孝志・川崎浩司、司会・石田和外・橋本ありす

ページの先頭へ