静岡朝日テレビホーム > 番組 > サタハピ しずおか > 「亮のシズオカレンダー」ここだけの話 > 春の味覚の王様「タケノコ」

「亮のシズオカレンダー」ここだけの話

春の味覚の王様「タケノコ」

2018-04-20

春の味覚の王様「タケノコ」

paper web

今回、亮さんがやってきたのは、静岡市葵区の南藁科地区にある飯間。2年前には「自然薯」の収穫をお手伝いしたことのあるこの飯間で、今が旬のタケノコと向き合います。ここではいったいどんな出会いが待っていたのでしょうか。<放送日:2018年4月14日>

「なんかさぁ〜、この辺りの雰囲気、見覚えあるんだよなぁ」

亮さん、鋭い!

この先のカーブを曲がった先で、2年前の冬に「ほんやま自然薯」の収穫をお手伝いしました。

北澤さんの畑で掘り出したばかりの自然薯と記念撮影。
2016年12月に訪れてましたね。

栽培管理しているタケノコ畑とは

「竹? タケノコの旬が今なんですか?」
「そうだよ。“竹”に“旬”って書いて“筍(タケノコ)”って読むんですよ」

そう教えてくれるのは、タケノコ掘りを始めて50年の経験を持つ、大村健二郎さん。
タケノコが旬を迎えるこの時期、多い時は一日400kgも収穫するという飯間地区きってのタケノコ掘り名人です。

「あの竹林が見えるでしょ、あそこの先にタケノコ畑があるんです」
「え、タケノコって自然に生えるものですよね。畑ってどういうことなん?」

確かに、タケノコというと、竹林の中に勝手に生えてくるイメージがありますが、美味しいタケノコを収穫するためには、手間をかけなければいけないんだそうです。

「自然に生えてくる竹を、管理して栽培するんですよ」

こちらが、大村さんが管理しているタケノコ畑。
日光が十分に注ぐよう、竹の間隔が調整された美しい竹林です。

美しい竹林を維持するためには、竹に年号を記入して親竹にした時期を記録したり、柔らかくてエグ味の少ないタケノコが育つよう、ナタネカスなどの肥料を定期的に施肥するなど、林を手入れしているんです。

そしてここでも、あの動物対策がなされています。

「あ、電気が来てるってことは。。」
「そう、イノシシが来るんですよ」

各地の農家さんを悩ますイノシシ、タケノコ畑にも出没しているそうです。
鼻のいいイノシシは、土から顔を出す前のタケノコを匂いで嗅ぎ分け、土を掘り起こして食べてしまいます。
それを防ぐため、大村さんのタケノコ畑では、畑の周囲を電気柵で囲ってイノシシの侵入を防いでいます。

「それにしても、坂道で作業するの、相当しんどいな、こりゃ」

早速お手伝いして、ちょっと大きめサイズのタケノコを掘り起こした亮さんですが、畑の斜面に悪戦苦闘。

それもそのはず、斜面の傾斜はおよそ30度。
まるでスキーのジャンプ台の斜面のようなところでクワを振り下ろす作業は、思っている以上に重労働なんです。

「大村さん、一日にどのくらいこの作業してるんですか?」
「そうだねぇ、朝7時からやって、夕方5時半くらいまでかな」
「えっ、そんなに!」

今の時期、1日に20cmも成長するのタケノコ。
少しでも柔らかくて美味しいタケノコを届けるためには、こんな苦労があったんですね。

Mサイズのタケノコ目指して、いざ!

大村さんは、市場で人気のある、600g〜1.5kgのM〜Lサイズのタケノコを狙って掘っていると言います。

特に、葉ぶりが良い竹の近くからは、比較的多くタケノコが出ると聞いた亮さん。

大村さんの指導のもとタケノコを探して斜面をあちこち移動しますが、なかなか見つかりません。

すると、大村さんがタケノコを発見。

「これ、ここの下」
「この下? わかんないよ」

初心者にはまったく区別がつかないくらいの地面の盛り上がりに、半信半疑のままお手伝い開始です。

少し掘り進めると、、、

タケノコが、その姿を現してきました。

もう一息ですよ、亮さん。

「ダァーッス!」

「フゥーっ!」

「なんで動かないんだよぉ、もぉ、動けよぉ!」

10分以上掘り続けるものの、タケノコの根元が曲がっていて、なかなか思うように掘れない亮さん。
じわじわと疲れと焦りが見ててきます。

「Mクラスの、一番いいサイズのやつだよ」
「Mクラスの? 大事に取りたい! 大事に取りたい!」

しかし、、、

「くそぉ〜〜〜!」

時間をかけてじっくり大切に掘り起こしてきたタケノコ。
渾身のひとクワは、無念、タケノコの身を途中で折ってしまいました。

こんな悔しい思いをさせるタケノコ、名人も日によって2〜3本あると言いますから、気を落とさないで、亮さん。
またいつかリベンジしましょう。

今週の亮さんは、どこへ向かったのでしょう?

今週は、静岡市の奥藁科で、山菜の王様「タラの芽」の収穫に挑戦します。

でも、山菜ってこんな感じで収穫するんでしたっけ?
高枝切り鋏も登場し、大人三人で大掛かり。
果たしてタラの芽を無事、収穫することはできたのでしょうか。

放送は、4月21日(土)朝9:30から。おたのしみに〜

ページトップへ