静岡朝日テレビホーム > 番組 > サタハピ しずおか > 「亮のシズオカレンダー」ここだけの話 > 今夜7時!『真夏のゴールデン祭り』をひと足早くお届け!

「亮のシズオカレンダー」ここだけの話

今夜7時!『真夏のゴールデン祭り』をひと足早くお届け!

2017-08-07

今夜7時!『真夏のゴールデン祭り』をひと足早くお届け!

paper web

「亮のシズオカレンダー」特番〜真夏のゴールデン祭り〜がいよいよ8月7日(月)19時から放送されます。いつもの放送とは一味違ったシズオカレンダーの様子を、本コラムでもご紹介。放送直前、海でも山でも翻弄されるロンブー亮さんにご注目!

【海編】ではボビー・オロゴンさんがイカ釣りに

「なに、ゆるーく番組やってんだよっ!」。のっけからテンション高めに亮さんに絡んでくるボビーさん。朝5時半の西伊豆です

「アフリカは、魚はぜんぶ魚(って呼ぶんだよ)!」
「うそだぁ〜」
「だから、イカもぜんぶ魚って呼ぶんだよ」
「日本人舐めんなっ!」

いつものオープニングトークとは違って、なんだか激しい言葉の応酬を繰り広げるお二人。
本日の放送前編の【海編】で、ボビー・オロゴンさんと一緒に、以前体験したことのある西伊豆のイカ釣り漁を案内することになった亮さん。
しかし最初から、ボビーさんのボケに押され気味です。

ボビーさんによれば、なんでもボビーさんの出身・ナイジェリアでは、海にいるものすべてを「エジャ」と呼ぶようで、日本のように魚種によって呼び名を変えることはないんだそう。

「でも、イカは知ってるでしょ?」
「当たり前だよ、知ってるに決まってるよ」
「じゃあ、スルメイカは?」
「え、鶴瓶?」
「呼び捨てにすんな!」

真面目にイカ釣りを頑張ってくれる気配の全くないボビーさんに、若干亮さんもキレ気味です。

イカがかかっていることを祈るボビーさん。しかし、なかなか釣り上げることができません

魚群探知機を手がかりに、うねりのある駿河湾内で移動を繰り返します

イカを釣るためには欠かせないこの機械。もちろんちゃんと名前がついてます。「はまで式イカ釣ロボット」、通称“イカロボ”。

そしてこれが、仁科名物のイカ。いい顔してます、イカだけに

そんなボビーさんですが、船の上ではちゃんと亮さんや船長の鈴木さんの指示に従って、イカ釣りのお手伝いができたようです。
気になる釣果は、番組で!

お手伝いを終えたボビーさん。
「ヌルヌルして気持ちわりぃよ、スミ吐くし」
あれ、なんだか文句吐いてますね。
「でもよ、本当にイカ漁は大変なんだってわかったよ。漁師さんに感謝しねーとな」

お二人とも、お疲れ様でした!

【山編】では椿鬼奴さんが夏野菜に向き合います

「私はさぁ、山よりも海なのよね、女優だから」

意味はよくわかりませんが、桃井かおりさんこと椿鬼奴さんは海がお好きなんだそう。
そんな鬼奴さんを亮さんが諭します。
「静岡は横に長いから海県だと思うけど、めっちゃ山のほうが多いのよ。思ってるのより8倍は山だから」
何の8倍かはよくわかりませんが、何しろ山が多いということは伝わります。

オープニングは、見渡す限り、山!

本日の放送後編の【山編】は、静岡市葵区井川で、この土地で作られている夏野菜のきゅうりを探しに行きます。
なんでも井川地区では、古くから“きゅうりを刺し身で食べる”風習があるんだそうです。

しかし、そのきゅうりに行き着くまでにもいろんな出会いが待っていました。

ちょうど収穫時期を迎えたとうもろこし畑では、生のとうもろこしをそのままいただきました。
「おいしい!甘い!みずみずしい!」

井川で育てるとうもろこしは、気温が少し低いため、通常だと90日で収穫できる品種でも100日かかってしまうんだそう。

「でもね、朝と晩の寒暖差があるから、甘〜くなるんだよ」

あれ?
こちらのお母さんたち。

以前、亮さんが井川にお邪魔した時にもお会いしてますね。

去年の10月に訪問した時のお写真。亮さんが手にしているのは、、

そうそう、クワを折ってしまった時にいらしたお母さんたちです。
その時は、サトイモなどを育ててましたが、夏はとうもろこしを育てているんだそうですよ。

そして、亮さんが一番、衝撃を受けた出会いがこちら。

井川の町で、きゅうりの調査中に出会った猟師のおじさん。
農作物に被害を与える、イノシシやシカ、クマを駆除する仕事をされているんだそうです。

自宅には、処分した鳥獣の肉が保存してあるということで、お宅に伺うと。。。

軒先の冷蔵庫には、さまざまな種類のお肉が冷凍保存されています。

「例えば、これは熊の手だよ」
「え、熊の手のどこがどうなってるところですか?」

さすがの亮さんもこの表情。戸惑いを隠せません

亮さんの質問に、ここぞとばかりに何かを見せてくれようとする猟師のおじさん。

おっと、ここから先の衝撃映像は、このあと19時からの放送をお楽しみに!

でも、ちょっとだけ、亮さんの敗戦の弁(?)を。

「あれを見せられそうになった時、スタッフもみんな“ヤベェ”って感じになったよね。何ていうか、心の準備ができてないまま見せられちゃって」

確かに、本当にこのまま続けるのか、亮さんとカメラマンが目配せしてました。

「だから、なんで塩漬けにしてるのかとか、ちゃんと聞けなかった。完全に飲まれた、雰囲気に」

若干、虚脱状態の亮さん。気持ち、すごくわかりますよ

いろんな出会いが待ってる南アルプスのふもと、オクシズ・井川。

はたして、きゅうりを刺し身で食べることができたのでしょうか。

一緒にきゅうりを探した鬼奴さん。
「仕事で来たのに、こんなに広い山の景色見ちゃってボーっとしちゃいました」
そうなんです。
南アルプスのすぐ麓ですから、リラックスしちゃいますよね。

さてさて、「亮のシズオカレンダー」特番〜真夏のゴールデン祭り〜の放送まであとすこし。

先出しコラムでイメージを膨らませて、亮さんたち3人のシズオカレンダーをじっくり御覧ください。

本日、8月7日(月)19時から、あさひテレビをチェック!

ページの先頭へ