静岡朝日テレビホーム > 番組 > サタハピ しずおか > 「亮のシズオカレンダー」ここだけの話 > 夜明け前の勝負「久能葉しょうが」

「亮のシズオカレンダー」ここだけの話

夜明け前の勝負「久能葉しょうが」

2017-04-03

夜明け前の勝負「久能葉しょうが」

paper web

今回、亮さんがやってきたのは、静岡市駿河区の久能(くのう)。石垣イチゴが有名な久能地区。この時期は、日本一早い出荷で春を告げる「葉しょうが」があるというのですが、いったいどんな出会いが待っているのでしょうか。 <放送日:2017年4月1日>

「寒いし、暗いし、月しか見えへん。ほんとにこんな早い時間に来る必要があるの?」。朝の4時50分の久能海岸。亮さん、実は徹夜です。

早朝の久能地区を右往左往

「こんな朝早くなくても、葉しょうが、逃げないでしょ」

確かに、こんな夜中に来なくても、葉しょうがは逃げることはありません。
しかし「久能葉しょうが」の特徴である、カリッとした食感と爽やかな辛さは、水分量が90%を保っているからこその味。
その味を保つためには、どうしても夜明け前に収穫する必要があると力説する森本ディレクターの説明を受けて、しぶしぶ納得した亮さん。

ですが、ディレクターさんがちょっと慌てて電話をかけたりしています。

「え〜っとですねぇ。なんと、連絡の行き違いがありまして、農家さんがまだ来ていないそうです。って、まさかそんなことある?」。

まあまあ、亮さん。ちょっとだけ車で待機していてください。

気を取り直して撮影再開。 時刻は、朝5時15分。あたりがだいぶ明るくなってきました。

今日、お邪魔するのは、久能葉しょうが農家の、谷口(やぐち)徳男さん・真弓さんご夫妻。海岸から少し離れた高台にあるハウスへ向かうと、作業をされている谷口さんが出迎えてくれました。

俳優の、渡辺謙さん似の谷口徳男さん。奥は真弓さん。

「僕は、もっと真っ暗な時間に久能に来ていたんですが、本当に夜明け前に収穫しないと、久能葉しょうがはダメなんですか?」

ディレクターの説得に、あまり納得していなかった様子の亮さん、思わず質問が出てしまいます。
しかしこの後、谷口さんから思いがけないひと言が飛び出します。

「真っ暗だと何も見えないから収穫しないよ」
「えぇっっ!」

「森本さん、どういうことですかァ〜。1時間くらい、もっと寝坊できたじゃないですか〜」 詰め寄られる森本ディレクター。 「あ、でも、僕が聞いたところだと、真っ暗なうちが勝負だって。。。あれ、おっかしいなぁ」

ハウスの中は、まるで東南アジア

谷口さんによれば、少し明るくなってきた頃から収穫作業を開始するそう。
そうすることによって、夜中のうちにたっぷりと栄養と水分を含んだ美味しい状態のまま、出荷できるんです。

そして、そんな水分含有量の多い葉しょうがを育てるハウスの中は高温多湿。ハウス自体が二重になっていることもあり、常に湿度の高い状態でキープされています。

真弓さんの指導の元、収穫作業のお手伝い。
湿度の高いハウスの中で、眠さのせいもあってか、なかなか作業がはかどらない亮さん。

「これはうまくいった」
「ぜんぜんうまくいってないよっ!」

“ボキッ”
「うわっ!やっちまったー」
「もー、なにやってるの。もういいですよぉ!」

土を払い落とす中で、勢い余って葉しょうがを折ってしまう亮さんに対し、鬼軍曹(亮さん談)真弓さんの声が、ハウスにこだまします。

収穫したばかりの葉しょうが。このあと高圧洗浄で汚れを落とし、出荷されていきます。

常に葉っぱが濡れた状態。水を沢山与えて甘やかして育てることで、みるさ(柔らかさ)が出るのだそう。

怒られた後の美味しいご褒美

「この組み合わせ、おいし〜いっ!」

亮さんの声が久能の朝に響きます。
朝から日本酒、そのアテには、久能葉しょうがと味噌マヨネーズ。

「ビールに枝豆よりも相性がいい! お酒もしょうがも、どっちも上に上がる感じ、なんとなくわかる?」
素材の持ついいところを、お互いが伸ばし合う味わいのようです。

味噌とマヨネーズを半分半分で混ぜ合わせたディップは、久能地区のオリジナル。以前は、味噌だけつけて葉しょうがを食べていたそうですが、若い人にも葉しょうがを食べやすくしたいとの思いから、マヨネーズを和えて作ったのだそう。

志太泉酒造(藤枝市)の「純米吟醸 藤枝 誉富士」。鮮度の良い地元野菜や魚との相性が抜群のお酒。

夜明け前の勝負には負けちゃったけど、最後はおいしい味にたどり着けた亮さん。朝早くからごくろうさまでした!

今週の亮さんは、どこへ向かったのでしょう?

4月1日の静岡まつりで、大御所の大役を務めた亮さん。

しっかり「アメリカンイーグル」を従えた大名行列。金髪の大御所もかっこ良かったですね。

その足で向かった先は、なんとロマンチックな「バラ農家」。
ここで亮さん、“妻”のためにバラの花束を作ったのですが、慣れない作業に悪戦苦闘。花束づくりと花束の行方はいかに。

放送は、4月8日(土)朝9:30から。おたのしみに〜

ページの先頭へ