2017年2月9日放送 ピエール瀧のしょんないTV|番組|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > ピエ­ール瀧のし­ょんないT­V > バックナンバー > 2017年 > 2月 > 祝・昇格!「J2卒業式」

バックナンバー

ピエール瀧のしょんないTV 毎週木曜日深夜0:20 しょんないTVトップへ
  • 番組情報
  • 次回予告
  • バックナンバー
  • しょんないTV全国WEB投票
  • しょんないネタ募集!
  • しょんないつぶやき
  • 番組公式facebook

バックナンバー

祝・昇格!「J2卒業式」 2017年2月9日(木) 深夜0時20分~0時50分

  • ■インデックスに掲出するテキスト(中にリンクの設定不可)清水エスパルスが見事J1昇格を決めたので、晴れて「J2卒業式」を開催!卒業生であるエスパルスサポーターに加え、J2チームのサポーターも参列。昇格を決めた昨シーズンの戦いを平畠啓史さんと共に振り返ります。そしてなんと!清水エスパルスの鄭大世選手と白崎凌兵選手も登場しちゃいます!!
  • ■インデックスに掲出する画像

番組では以前、初のJ2となったエスパルスサポーターのために「はじめてのJ2講座」を開催しましたが、見事!1年でJ1復帰を果たしたので、「J2卒業式」を行います!J2の達人・平畠さんや在校生代表としてJ2講座でお世話になったジェフユナイテッド千葉サポーターの萩原さん、水戸ホーリーホックサポーターの長山さんが出席。更には初のJ2降格となった名古屋グランパスサポーターの高橋さんも新1年生として参加です。早速、卒業生入場。清水エスパルスサポーターの今村さんと相木さん、セレッソ大阪サポーターの濱田さんが晴れやかな表情で入場し、瀧さんからお祝いの言葉を頂きます。

まずは、前回「はじめてのJ2講座」放送後の反響を伺います。濱田さんはエスパルスホームゲームに来た際に、清水サポーターから「しょんないの人」とこそこそ言われたり、相木さんは一緒に写真を撮って下さいと頼まれたり、芸能人になったのかなと浮かれちゃうくらい反響があったとのこと。長山さんからも、水戸ホーリーホックのチーム自体のステータスが上がったという嬉しいお言葉も頂きました。

次に、エスパルスのJ2での戦いを振り返ります。J2の主と呼ばれる水戸ホーリーホックとの戦いでは、引いて守る戦術にまんまとはまり、スコアレスドロー。サポーターにとっても、田んぼの中にいきなりスタジアムがあったり、アウェー側のスタジアムグルメがあまり充実していなかったりと、J1との環境の違いが印象的だったとのこと。そんな清水サポーターから名古屋サポーターへのアドバイスは「水戸には勝てないよ」。「はじめてのJ2講座」で先輩たちが言っていた教えと同じです。

昇格できたのは選手のおかげ!ということで、ここからは清水エスパルスの鄭大世選手と白崎凌兵選手も卒業生として参加です!2人が来ることを知らなかったサポーター一同は大興奮。J2の戦いについて聞くと、やはりアウェーでの戦いは移動が多く大変だったとのこと。そんなアウェーにも応援に駆けつけてくれるサポーターに対しては「有り難すぎて言葉が見つからない」というサポーター冥利に尽きる言葉を頂きました。清水サポーターの相木さんは思わず目頭が熱くなっちゃいました。

続いての儀式は「卒業生対在校生の綱引き合戦」。番組調べによると、J1に昇格したクラブがJ2に出戻る確立は60%。この原因はJ2に再び引きずり込もうとする在校生の怨念に間違いない!ということで綱引きです。ちなみに在校生チームには、ぎっくり腰の長山さんに代わり平畠さんが参戦です。絶対に負けられない戦いの結果は、J2在校生の反則により、J1チームの勝利!反則を犯してまでJ2へ引きずり込もうとするその姿はまさに在校生たちの怨念でした。

卒業式も終盤となり、「在校生送辞」。在校生代表の長山さんからは「寂しくなったらいつでも待っています」という温かいメッセージが。続いて「卒業生答辞」、最後は選手二人も一緒に「僕たちはJ2を卒業します!」と高らかに宣言しました。瀧さんから卒業証書を受け取り、「卒業生退場」。在校生からの拍手の中、卒業生はJ1のステージへと踏み出します。清水エスパルスがいるべき場所はやはりJ1。選手・サポーターの皆さん、J1での活躍楽しみにしています!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ