2014年12月11日放送 ピエール瀧のしょんないTV|番組|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > ピエール瀧のしょんないTV > バックナンバー > 2014年 > 12月 > 素晴らしきマスクマンの世界

バックナンバー

ピエール瀧のしょんないTV 毎週木曜日深夜0:25放送 しょんないTVトップへ
  • 番組情報
  • 次回予告
  • バックナンバー
  • しょんないTV全国WEB投票
  • しょんないネタ募集!
  • しょんないつぶやき
  • 番組公式facebook

バックナンバー

素晴らしきマスクマンの世界 2014年12月11日(木) 深夜0時20分~0時50分

  • ■インデックスに掲出するテキスト(中にリンクの設定不可)覆面レスラーがかぶっていたマスクは、その昔少年たちの憧れでした。
    そこで今回は、オリジナルのマスクを作って、少年の頃の夢を叶えようという企画です。
    ルチャリブレ(メキシコのプロレス)研究の第一人者や小学生からのキャリアを誇るマスク職人の方をお招きし、アツいマスクマンネタを伺います。その気になっちゃった瀧さんと広瀬アナ、最後にはオリジナルマスクをかぶって静岡市の登呂遺跡に登場!来日レスラー風に写真撮影を行います。

  • ■インデックスに掲出する画像

自分の正体を隠して戦う、永遠のヒーロー“マスクマン”。今回はその道のプロ、メキシコのプロレス「ルチャリブレ」研究の第一人者・清水勉さんと、マスク職人の神谷さんのお二人にお越し頂き、マスクやマスクマンについて伺います。
最後は、瀧さん・広瀬アナのオリジナルマスクも製作!

マスクマンと言うと、日本ではタイガーマスクや獣神サンダーライガーなどが有名どころ。特に、マンガの世界から誕生したタイガーマスクのデビューは、当時小学生だった瀧さんと神谷さんの目にも鮮烈に焼きついたようです。その頃神谷さんが見よう見まねで作ったというタイガーのマスクは、小学生の域を完全に超えたハンパない完成度です。
ルチャリブレ研究の第一人者である清水さんも、“ドクトル・ルチャのマスク”を持っていて、やっぱりみんな自分オリジナルのマスクを作っちゃうんですね…。

様々なマスクマンの中でも、忘れてはならないのが、“千の顔を持つ男” ミル・マスカラス。プロレス雑誌の編集長もやっていた清水さんは、来日したマスカラスについて回り、記事を書いていたこともあるそう。
そのときに撮ったマスカラスの写真は、マスク姿で日本の観光名所におさまり、なんとも言えずいい感じです。

そんなマスカラスのように観光名所で来日マスクマン風に記念撮影がしたい!ということで、静岡市の登呂遺跡にやってきた一行。神谷さんに特別に作って頂いたオリジナルマスクをかぶって撮影します。
まずは、広瀬アナのオリジナルマスクが登場です。「マスクド・しょんない」と名付けられたレスラーがかぶるマスクは、これでもかというほど番組をアピールしたもの。広瀬アナも何だかいつもより強気な感じです。

続いては瀧さん。スーツに着替えて来日レスラー風に登場したのは「ザ・ファニー」。福笑いをモチーフにして、相手が戦意喪失するのが狙いのようですが、実はものすごく汚いことをするレスラーという設定です。

「ザ・ファニー」と「マスクド・しょんない」が登呂遺跡で記念撮影スタート!撮影する清水さんもノッてきて、編集部時代の本能が蘇ってきたようです。
大満足で終了した来日レスラー風の記念撮影。清水さん、神谷さん、ありがとうございました!


“マスク職人”神谷 淳さんのお店「pikkupuu 木のおもちゃ&ソーイングカフェ」

浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松 中央館2F 電話:053-525-7414
営業時間:10:00〜20:00  定休日:ザザシティに準ずる
http://shopping.geocities.jp/kikorinoomochabako/index.html

マスクの注文はこちらへメールを! mailto:shop.pukupuku@able.ocn.ne.jp

ページの先頭へ

ページトップへ