2013年1月10日放送 ピエール瀧のしょんないTV|番組|静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビホーム > 番組 > ピエール瀧のしょんないTV > バックナンバー > 2013年 > 1月 > ピエール瀧の少年時代が蘇る!?『狐ヶ崎ヤングランド』思い出バスツアー

バックナンバー

ピエール瀧のしょんないTV 毎週木曜日深夜0:25放送 しょんないTVトップへ
  • 番組情報
  • 次回予告
  • バックナンバー
  • しょんないTV全国WEB投票
  • しょんないネタ募集!
  • しょんないつぶやき
  • 番組公式facebook

バックナンバー

ピエール瀧の少年時代が蘇る!?『狐ヶ崎ヤングランド』思い出バスツアー 2013年1月10日(木) 深夜0時20分~0時50分

  • ■インデックスに掲出するテキストかつての清水市(現在の静岡市清水区)に1968年~1993年まで存在した遊園地「狐ヶ崎(きつねがさき)ヤングランド」。その全盛期に少年時代を過ごしたピエール瀧にとっては、一生忘れられない遊園地の原風景として今も忘れられない存在である。20年前に惜しまれながらその歴史を閉じたマボロシの遊園地「狐ヶ崎ヤングランド」の思い出をひも解く、思い出のバスツアーがスタートするー。
    今回はピエール瀧と同じく「狐ヶ崎ヤングランド」に甘酸っぱい思い出のあるスペシャルゲストも参戦!
    それぞれの少年時代の爆笑エピソードを交え、ヤングランドゆかりの方が途中乗車しながら盛り上がる思い出のバスツアー。最終目的地・狐ヶ崎ヤングランド跡地に降り立った出演者たちは何を思うのか…
  • ■インデックスに掲出する画像

子供のころ、大好きだった遊び場…そんな場所が皆さんにもあるはず。
静岡の人たちにとって、そんな思い出の場所が『狐ヶ崎ヤングランド』!
少年時代のピエール瀧にとって『狐ヶ崎ヤングランド』はドキドキワクワクに充ち溢れた特別な場所でした。大型テーマパークが次々と建設された現代にあっても、あの頃の淡い記憶が良き思い出として残ったままです…

ということで今回は、そんな『狐ヶ崎ヤングランド』の思い出を辿る魔法のバスツアーに出発!

バスに乗ってほどなく、最初のゲスト・アンタッチャブル柴田さんとハリウッドザコシショウの2人が乗車。清水二中の先輩後輩の間柄である2人、中学からすぐ近くにあったヤングランドには足しげく通い、当時から「ヤングランドは清水二中のモノだ」と思っていたようです。

ヤングランドでカツアゲされた話、当時画期的だった“流れるプール”でのエロ話など少年時代の爆笑のローカル話で盛り上がる中、バスは次の目的地に到着。
こちらで待っていたのは、ヤングランドOBの長谷川さんと竹久さん。言わばヤングランドの生き字引のお2人にお持ち頂いたのは、当時の貴重な資料。その一つ一つを手に取るたびに、少年時代の記憶が蘇ります。
そしてさらに、OBの長谷川さんも柴田・ザコシショウと同じく清水二中の出身であることが判明!「ヤングランドは清水二中のモノだ」伝説、にわかに真実味を帯びてきました…

バスはやがて静岡鉄道狐ヶ崎駅に到着。少年時代の瀧さんが、この駅から期待に胸ふくらませヤングランドへ通った思い出の場所。かつてヤングランドがあった場所はもうすぐそこです。
一行はここで、ヤングランドにあった池で最後のゲストと合流し、かつてボート乗り場として利用されていた池を眺めながら最後の場所へ向かいます。

最後の目的地はかつてヤングランドがあった場所。現在は大型ショッピングセンターになっており、ヤングランドの名残は無くなっています…
寂しさをこらえ、一行は目を閉じてあの頃を思い出しながらヤングランドに別れを告げたのでした。

ページの先頭へ

ページトップへ